bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



春嵐
寒の戻りと春嵐です。春に3日の晴れ無し、とか言うらしいですね。本日、当地方は雨です。気温もちょっと寒い。季節の変わり目ですね。花粉はかなり少なくなった様ですが、私の症状は余り治まりません。しばらく不自由なマスクです。これからヒノキも飛びますし。

昔、今は差別用語で使えないんだと思いますが、黄色い蝶々が飛んでいる、と言う表現がありました。季節の変わり目やら、ふとした弾みで、言動が不安定になっている状態の事、と、言えば良いのでしょうか。気が触れている、と言う意味でも使ったと思いますし、そんな凄い意味じゃなく、子供が言葉遊びでも使いました。いろん
な意味のあった、まあ、今思えば差別用語でしょうね。

丁度季節の変わり目やらに体調を崩す利用者さんが散見される事があります。気候の変化についていけなくて、言動が不安定になったりする利用者さんも居ます。

昔で言う、黄色い蝶々が飛んでいる状態です。

季節の変わり目は誰でも多少影響されますね。利用者には感性の鋭い人もいて、又単純に体のスイッチが切り替わらない人もあり、季節の変わり目は気の毒です。特に体調により精神が引きずられるタイプの人は、季節の変わり目だと言うだけで、心身共にやられたりします。丁度蝶々が飛んでいる状態の利用者さん、居られます。気
圧も関係するのかな?とも思います。

季節、気圧はどうしようもありませんから、ご本人が乗り切るのを待つしかないんです。思わぬ行動に出て、慌てる事も時々あります。私達健常者と言われる人逹も季節には左右されますから、生物としては当たり前ですね。まあ、誰が健常者か?と言うのも決めるの難しいけれど。私も医療面から見たら要支援者な訳で、障害持って
ますし。障害を持つ=障害者、ではありませんし。

論じると切りがないので止めますが、要するに気候の変化って、かなりストレスだ、と言う事ですね。

冬になったり、初夏になったり、体調管理の難しい季節です。皆様もどうかご自愛下さい。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック