bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



自立支援医療
精神科の自立支援医療ですね。うちの利用者じゃありません。私が当事者ですので。通院公費負担を受けています。

そろそろ手続きをしないといけないシーズンで、手続きに必要な診断書を貰って来ました。私の通院は月に一度。SSRIと補助薬的なもの、睡眠導入剤と抗不安薬を使っています。元々はかなり急性期の陽性症状がありました。秘密にする事でもないので、あれですけど、強迫性障害でした。完治したとは言えませんが、コントロール出
来る状態ですかね。

で、精神科自立支援医療の公費負担受けるには、毎年更新しなくちゃいけないんです。公費負担受けると、自己負担が一割。受けないと三割。それだけの違いでして、費用の問題が無ければ別に受けなくても良いんです。重い、軽い、とはちと違うかも。費用負担が結構あるんで、そういう意味から助かります。それを嫌って受けない
方も勿論あります。

今年の診断書の書式を見ていて、ふと気付きました。昨年迄は、公費負担を受けるには、医師が、重度かつ継続、と言う診断をしないとダメでした。公費負担受けてる人には、医師は何とか、重度かつ継続、と書かなければなりませんでした。

今年はそれが書式にありません。問わなくなった様です。どうやら、重度かつ継続でない人を排除しようと試みたけれど、公費負担を受けてる人には医師が、重度かつ継続、と書くので、意味がない事に役所が気付いたのかも知れませんね。
今年の診断書を見て、ちょっと思いました。重度かつ継続、の要件が外れた為か、素直な書き方が出来る様になったみたいです。

以前は急性期の症状をせっせと医師が書いてくれましたが、最近はもう不規則勤務による、睡眠のコントロールなんです。そちらに重点が置かれています。夜勤オンリーの生活で、睡眠コントロールしないで済む介護屋は凄いと思います。私は無理。

と言う事で、公費負担を受ける為に、ちとひねくった診断書だったのが、素直な診断書になりました。

いわゆる障害者支援の仕事をしていると、時に妙な差別に遭う事があるんです。自分の家族が知的障害を持っていて、何らかのサービスを受けてる、と言う方が、支援者が精神科に通院している、と言うと、嫌がったりします。私も最初の頃、利用者の家族に差別された事があります。精神障害者に自分の家族の支援は任せられない、
と言う事らしいです。

うーん。精神障害者と言うカテゴリが曖昧ですけど、何の障害を持っていても、その事で、あー、その仕事やら、社会活動やらに本人が不具合を持っているなら、ともかく、コントロール出来ているなら、色眼鏡で見るべきではない様に思います。

障害を持っている、と言うのは暮らしにくさを持っている、と言う事でしょう。それに対しては、勿論支援が必要です。私なら精神科に通院と服薬が必要。でもそれだけです。それで私は知的障害を持たれた方に対する支援のスキルを生かして仕事が出来ます。

マスコミが事件があると、障害があるとか、精神科通院があるとか、そういう事を並べるのが意味のない事だと、いつも思っています。

支援が必要な人は、人生全てにおいて支援が費用な訳ではありません。うちのホームの利用者の方も、人生全てにおいて支援が必要な訳ではなく、例えば、就労、ボランティア、地域生活、自己実現等に、自分が主役になる事が出来ますし、他人への支援を担う事も出来ます。

結局人はみな、お互い様なんですよね。

やっと、重度かつ継続かどうか、の項目がなくなって、こんな事を思いました。

私は精神障害者ではなく、又、重度でもない様ですが、継続的に通院服薬が必要な要支援者です。その医療の部分だけ支援して貰えば良いのです。

必要かつ充分、と言う当たり前の事、なかなか法律の下に一律だと出来ないものみたいで。

だから、非常口の逃げるマークが理解出来ない人達が住む家屋に、誘導灯じゃダメで、一律逃げるマーク、みたいな無駄遣いが起こるんでしょうね。

お互い様の気持ちを持って、必要な支援を必要な人が充分に受けるのが当たり前になれば、世間の差別も薄くなる様に思うのですが、どうなんでしょうね。

今でも利用者の家族には、私が精神科の公費負担を受けていて、通院服薬をしている、と言う事は、秘密事項になっています。質問を受ければ事実を告げますが、敢えて言わない、と言う事ですね。

精神障害者の方の家族と、知的障害者の方の家族とは、実はお互い差別感を持ちあっているのかも知れませんね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック