bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



施設火災
関東地方の高齢者施設が火事を出し、9名の高齢者の方が亡くなったそうです。当該施設は有料老人ホーム?特別養護老人ホーム?高齢者福祉は良く知りませんが、要するに届け出をしていない無認可施設だったという事で、大騒ぎしています。

亡くなられた方々は高齢の方々で、認知症の症状もあった方々と聞きました。御冥福をお祈りしたいと思います。

そのうえで、今、ワイワイやっている事が、奇妙に思えてならないのです。
火災報知機があったか、作動したか、非常口マークがあったか、非難梯子の設置されている部分に十分なスペースがあったか、などなど消防署が必死になって調べて回っています。

これから施設入所を考えている方々には、認可施設かどうか、消防法上の設備が整っているかどうか などを、一番大切にする方たちが出て来られると思います。


設備あっても駄目です。
無いよりはあった方が良いですが、設備だけあっても何もなりません。ハードがあっても駄目なんです。ソフトがなければ駄目。

私の勤務先のGHでも、消防法上施設だから という事で、防火設備が義務付けられました。それは別にかまいません。費用は全額自治体負担ですし。

実態を考えないから、無駄な費用がかかり、効果がないという事が起こるのですよ。

たとえば、私の勤務先のGHには喫煙をする利用者の方はいません。ですから、利用者の自室から火が出たとすれば、それはもう天変地異か、地震で電線が切れたか、とにかくとんでもない事が起こった時です。
火が出るのは、台所か、私たち世話人のたばこの火の不始末です。この2つしか出火原因はないんです。

逆に言えば、それだけ防げば「善良な管理者」としての注意は十分だと思います。それ以外の理由だったら、火が出ても責任がない と言いたいのではないですよ。
公的資金の掛け方について論じているんです。

たばこの火の不始末などが起こりえない利用者の自室に防火防燃のじゅうたん、カーテンの義務付け、必要でしょうか?
喫煙者がいるという事なら、必要です。火遊びをする利用者がいるというなら、必要です。
うちはいませんから、不要です。
その分で30万円以上の助成金が支払われているんです。もったいなくありませんか?

法規制ですから、勿論設備せよと言われた事は、きちんと守っております。
誘導灯もちゃんと設置しました。普通の蛍光灯にしたら、逃げるマークがないからだめだ と言われ、追加工事をすることになっています。追加工事にも費用がかかります。その費用も助成金から出ます。助成金とは要するに税金です。

誘導灯に逃げるマークがないとわかりにくいと言う一般の方の過ごす施設などには、大きな非常口マークは必要でしょう。パニックになってしまいます。
でも、私の勤務するGHなどでは利用者は数人ですし、その利用者の方々は、残念ながら逃げるマークの意味はわかりません。意味の分からないものにお金をかけるのは、無駄と言います。

大規模施設では心ある支援者は火事の事をいつも考えています。法定のルールを順守していれば責任ありませんが、順守していても利用者の命は守れません。

9名の方が亡くなられた施設でも、たぶん、避難訓練が徹底されていなかったのでは?と私は推察します。
認知症の方々、寝たきりの方々がいるのですから、その方々が自力で逃げる事は出来ません。体が動く方なら、認知に障害のある方でも上手な誘導で逃げてもらう事は出来るでしょう。認知に障害があっても、何らかの方策で寝たきりの他の利用者の方の避難を手伝っていただく事も出来るかも知れません。

そのソフトを整備しないと火災事故は防げないんです。とどのつまりはいかに真剣な避難訓練が日常的に行われているかどうか、にかかってくるのです。

私の勤務するGHでも少しずつ模索しながら、最近はかなり本格的な避難訓練を行っていますが、それも日中利用者が起きている時に限られています。深夜、私一人が仮眠中、に「貰い火」に気付かなかったら?

自体はかなり深刻な事になります。

深夜の避難訓練は実質的には無理ですが、どうしたら全員生命ある状態で避難させられるか はいつも考えています。答えはまだ、私の中でも出ていませんが…
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック