bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ブランチに来ました
てな訳で、私は出勤前にブランチを食べに来ました。

隣の席に、庭師の職人さんらしきお二人がいます。男性。初老と言う感じですね。

どうやら内閣やら宮内庁やらの公共工事をやっておられるようです。この辺りで宮内庁の庭と言うと、どこだろう?皇居じゃないですから。皇居迄は旅行です。

イロイロ面白い話をしておいでですが、聞き耳立てたのは、話している言葉が土地言葉。文章にするとほとんど標準語ですが、独特のイントネーションと言うか、訛りみたいなものがあります。今は若い人はほとんど話せなくなりました。私も話せますが、普段は使いません。土地の年寄りと話すと出ますけど。

私が生まれたところと、今住んでるところは、ちょっと離れていまして、言葉も少し違います。川を隔てているのです。私は川向こうです。

なので、久しぶりに自分の生まれたところの言葉を聞きました。風習もちょっと違うんですよ。

文章に出来ない独特のイントネーションって、大切にしたいものですね。うちのホームの人達は、川のこちら側ですから、ちょいと言葉は違う。


家内は全然出身地が違うので、夫婦で喋る時には標準語です。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック