bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



彼岸入り
一昨日彼岸の入りでしたね。ホームでぼた餅出そうか考えて、どうやら通所先の昼食に出たようなので止めました。成人病のデパートさんが居ますのでね。ワンピースさんの誕生日でケーキを出したばかりでしたし。

私の自宅は駅前です。北口側にあるのですが、北口には大きな霊園があります。まあ隣が霊園みたいなものです。隣よりは離れていますが、北口から我が家の前を通っているのは墓参道です。我が家の大家は石屋さん。墓石作るところね。

彼岸の頃は、ぼーっとしていても分かるんです。駅前にテキヤの屋台が出ます。彼岸が終わると消えます。分かりやすいです。

私自身は良く書きますがクリスチャンですから、彼岸は関係ありません。でも日本人ですからね。一応知ってますし、子供の頃は母に連れられて彼岸参りもしました。葬儀のやり方なんぞも、実はかなり知っています。

ホームで宗教色を出す事はしませんが、季節の行事、食事として、その手の事は私が気付く範囲でやってます。どういう訳か、障害者の方の施設って、季節の行事が好きです。今時?と思う様な事を結構やりますよね。彼岸なんかもそうじゃないかな?彼岸のイベント?をやるんじゃないんです。昼食にぼた餅出す、と言うだけなんで
すが。

まあ、ホームでやってもそうかな?お盆に迎え火送り火焚く訳には行きません。家庭により宗教感が違いますし、そもそもホームにはまだ他界した方は居ないし、戻ってくる人?も居ません。大抵何となく花火したり、枝豆出したり、ちょっと夏らしい献立にしますけれど。

彼岸の入りの日は、どうしようかな?と考えたのですが、雛祭りにちらしを作って貰ったので、献立が思い付かず、そらまめを炊き込んだご飯を作って貰いました。なるべく季節の素材は使いたい。行事はその出しかも知れませんね。

彼岸の献立と言うとなんでしょ?私はぼた餅と田舎の煮しめくらいしか思い付きません。ちらしじゃないと思います。

ぼた餅とおはぎ、は、品物は同じですが、私の育った場所ではつぶあんです。両方とも。品物は全く同じ。牡丹と萩の違いだけです。

昨今、ぼた餅と言いませんね。駅前の屋台でも、おはぎと称して、こし餡のを販売しています。つぶあん=ぼた餅、こし餡=おはぎ、じゃないんだけどな。

そうそう。私の育った地域では、米と餅米が半々です。それを半分突き潰すんです。たまに餅米だけのを貰うと嬉しかったですね。元々米のご飯が好きじゃないし。私。勿論、ぼた餅もおはぎも家庭で作って、親戚中に本家=実家の事、かな?跡取りの家を本家と呼びます、から回ってくるものでした。ご近所のおばあちゃんもくれたり
しましたね。仏さまの居ない家庭は作りません。貰って食べるだけ。我が家は母方の祖父が他界してましたけど、父方の土地に住んでいましたから、風習は父方のが多かったです。父方の仏は我が家にはいませんので=父が主ですから、それ以前のヒトは本家の仏壇にいる訳で、ぼた餅、おはぎは作らなかったです。

今、実家があれば、母は他界していますから、作るのかな。我が家には母の位牌などはありません。私も宗教が違いますし。だから作った事はないですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック