bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



定額給付金
わいわい言ってますね。賛否両論みたいです。

家内は反対の様子で、給付になったら普通に使う、と言っています。私は決まったものは貰いましょう、の気分で、何か記念になる物を買うか、うちの法人に寄付しようか、と考えています。

利用者も給付金が来る筈です。お金の出所、賛否はともかくお国の金が来ますね。これで何かイベント出来ないかなあ、と思うのですが、個人に給付されたお金をホームで使い方云々するのは多分ダメですね。給付金関係なく、イベントにお金をかけるのは構いませんが。お金の話は結構厄介です。




関係ない話。

今、ブランチを食べに来ています。近所に精神障害者の方々の共同ホームがあります。斜め前の席のお客様が多分そこの利用者さん。

精神障害者の方々の共同ホームは法律で通過型とはっきり位置付けられているので、生涯の支援と言うよりは、自立の為の支援と言う事になり、就労されている方々もおられて、なかなか現実は厳しいようです。そこの世話人さんと交流が少しありますが、大変そう。

で、全員の方が統合失調症なので、社会で誤解される事も多いそうです。統合失調症の方は何となく見当が付きます。一般の方でも見当が付くのか、私が介護屋だから見当が付くのか分かりませんが、私は大体分かります。

先程から何となく気にしているんですが、何か困った事か、幻聴、幻覚が出ている最中かも。そこの共同ホームは手厚い方で、朝と夕食はホームで出ます。その方、ブランチを食べておられた様子で、先程もう一度同じメニューをオーダーされました。空腹か、もしくは幻聴の命令かも知れませんね。

こちらの店にはそこのホームの方は良く来られています。時々見掛けます。

10年程前、自分の精神疾患がひどかった頃を少し思い出しますね。支えてくれた医師に感謝です。勿論今もずっとお世話になっているのですが、精神疾患は立派な病ですから、医師、支援者が適切に入れば、ある程度克服出来ます。残念ながら、私の場合は支援者は居なくて、医師が二人でしたが。訳あって、二ヶ所の精神科に通院し
ていたので。
統合失調症は厄介です。若くして発病して長く病む方、特に男性が多いそうです。中にはすっきり治る方もあるらしいですけれど。

斜め前の方、症状が落ち着いて、ホームを卒業出来る日が来ると良いですね。そこの共同ホームは卒業してもアフターフォローが受けられます。夕食食べに来るOBの方、何人が居られるそうです。

障害を持つ人は、社会の中にごく当たり前に暮らしています。そんな事に我々介護屋でも、はっとする事がまだまだある。それが現実かも知れません。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック