bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



壊れ物
面倒が起こりました。殿様の部屋の私物がいつの間にか破損しているのを、ご家族が発見してしまいました。

壊れた物は仕方ないです。家族が先に発見しちゃった、と言うのが、非常にまずいです。こちらで把握して、先回りして連絡していれば、それほど家族も怒りません。殿様のお母さん、へそを曲げてしまいました。

壊れた物が更にまずかった。ステンドグラス製のランプと、レコードケースの蓋の蝶番。ステンドグラスなんて修理のしようがありません。

そのランプは足元灯で、夜暗いと危ない、と言う事で、お母さんは設置するのが大切と考え、それで設置してあるのですが、実は使っていませんでした。邪魔なシロモノでした。しかも高級品で。普段使っていないので、普段見ていません。ガラスがへし折れておりました。まずいです。

レコードケースなんて、骨董品みたいなもんです。殿様はレコードプレイヤーとレコード、レコードケースを持っていて、自分で針をレコードに落とす作業が出来るので、ヘルパーさんと聞く為に持参しているのです。

ヘルパーさんに聞いてみますが、蓋は最初から怪しかった気がするのですが、蝶番が引きちぎられていたかどうか、はっきりしません。

あのですね。

ステンドグラスが最初から怪しかったかどうか、蓋が最初から怪しかったかどうか、は、この際どうでも良いんです。破損している状態を、こちらが先に発見して連絡しなかったのが、話をややこしくしているのです。

殿様のお母さんは、コーヒーさんが破壊し、それをそのままにしておいた、または気付かなかった、もしくは、他人の部屋に入らない、他人の物を勝手にいじらない、と言う教育がされていない、と、へそを曲げている訳なんです。

私の観察では、コーヒーさんは破壊していません。が、品物は確かに壊れています。自然に物が壊れる事はありませんから、最初から破損していたか、ホームで誰かが壊したのです。誰が壊したかは分かりません。ひょっとすると、私達支援者がつまづいたとか、間違った等で、うっかり壊したのかも知れませんし。

でもね。不思議なのは、破損したステンドグラスのかけらが無いんです。相棒は自分が勤務始めた時は、既に破損していた、と言うのですが、私はある部品がなくなっている事に、お母さんに指摘されてからですけれど、気付きました。かけらが自然に消滅する筈はありません。どこかにかけらがないとおかしい。

もう分からない事だらけなんですが、お母さん怒ってますから、ホームの問題はホームで解決すべき事、私は何も致しません、とか言って、壊れたランプを一度自宅に持ち帰ったのに、そのままホームに持ってきました。レコードケースの蓋もそのままです。

コーヒーさんのせいにする訳には行きません。私達世話人の管理が悪かったと言う事で納得して貰わないと面倒が更に拡がります。

レコードケースの蓋の蝶番は私が付け直そうと、休み返上で来てみたら。細工物で、蝶番が市販品ではありません。細工物です。

とは言え、蓋が外れた状態にしておく訳にも行かないので、金物屋で市販品の蝶番を経費で買って、修理するしか無さそうです。


こういうの、本当に面倒です。ある程度利用者さん同士のお互い様にしてくれないと、困ります。

お互い様にするには、家族が大切に考えている私物等を把握していないとダメ。以前あったのですが、本人が工作教室で作った、出来の悪い鯉のぼりがとても大切で、自宅に返す迄にエライ苦労した事があります。返したの、秋でした。若い相棒には、そういう家族の機微は分かりません。


さて。ここいらには、昔ながらの金物屋がないんです。どうしましょうかねぇ。

それから謝りかたも考えないと、いつまでもあとを引きます。厄介な事に、殿様のお母さんはあとに引くタイプ。

こういう家族調整が一番面倒ですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック