bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



差別語
ホームで、30年以上前のテレビ漫画のDVDを良く掛けます。昭和40年代くらいのが多いです。あの頃、名作がかなりありますし、丁度利用者が子供の頃見ていたものが見られるのです。

で、レンタルして見てみると、最初のテロップに変な断り書きがしてあるのが良くあります。

この作品には、今日の価値観に照らして差別的な表現がありますが、当時の時代背景を考慮し、そのままにしてあります。ご了承下さい

みたいな断り書きです。

想像はつくのですが、今一つ、この部分が差別表現だ、と言うのを発見出来ないでいた所、先週やっと気付きました。

タイガーマスクと言う漫画がありました。プロレスにもリアルタイガーマスクが居ますが、テレビ漫画が先です。漫画が人気になったので、本物のプロレスにも登場したのです。今も居ますかね?何代目かな?

で、そのタイガーマスクですが、設定からまずい?んです。主人公は孤児院出身。孤児院の子供たちと交流しながら、正義の味方になっていきます。

昭和30年代、戦争孤児は沢山いました。私よりも年上の方ですね。20年代もしくは、その前に生まれた方。
ですから時代背景として、孤児院の子供たちが正義の味方と交流して、夢と希望を持つ、と言うのは、時代のニーズに合っていました。


言葉は難しいものなので、余り私見は述べにくいですが、はっきり分かる差別表現をやっと発見したんです。その時代に育っているので、気付きませんでした。シリーズ見るの二度目なんですけど。

身無し子
当時は、みなしご、と書きました。

ちびっこ
これも現在は侮蔑的と言う方あり、微妙な表現です。

みなしご、は、もう頻繁に出てきます。抜いたら作品成り立ちません。
ちびっこは、タイガーマスクが支援している孤児院の名称です。これも抜いたら成り立ちません。

時代と共に言葉は変わります。障害者支援の仕事をしていると、時に過剰な言葉狩りに出会います。難しいものです。

私の時代は、すでに、ハクチはありませんでした。文学作品にありますけど。精神薄弱は同時代。今は精神発達遅滞、もしくは精神発達障害、もしくは精神発達しょうがい、と言うらしいですね。知恵遅れは、文書には使えません。口語では已む無し、と言う意見もあるらしいです。

差別表現はダメですが、言葉狩りするなら、社会の人々の心の中の差別に、ちゃんと教育をして貰いたいです。

精神障害の方と、知的障害の方は、暮らしにくさ、支援の仕方が違いますが、区別つかない一般の方は沢山いますね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック