bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



難しい選択
今日、昼食を外食に企画しました。利用者には、ハンバーグを食べに行きます、と、伝えてありました。

私は今夜夜勤なので、入ってみると。

ヘルパーさんと利用者さんが帰ってきまして、公園の中のレストランのバイキングに行ったとの事。

良く聞いてみると、我々が設定したハンバーグ専門店に行くだけよりも、公園を散歩したり、電車に乗ったり、バイキングで好きなものを選べる方が利用者が楽しめるだろう、と、ヘルパーさんが考えて、変更したらしいです。

その場には、明けの相棒もいた筈です。

知的障害者の方との約束は破ってはいけません。バイキングの中にハンバーグがあったかどうか、分かりませんが、主張しなくても利用者はハンバーグで納得しているんです。

ホームは生活の場所ですから、そこで企画してヘルパーさんに託す場合は、その辺りの打ち合わせをしっかりやらないと利用者をがっかりさせてしまいます。その場で出かけるのとは、状況が違うんです。

例えばハンバーグが美味しくなくて、バイキングの方が美味しかったとしても、いけません。利用者が納得出来る様な説明が必要です。特に重度の利用者ばかりの当ホームでは、出掛けにいきなりの変更は無理があり過ぎる。利用者は分からないので、はい、と返事をしますが、怪しいです。

ハンバーグが理解出来ない程度のとても重度な方なら構いません。当ホームにはそのくらい重度の方、一名おいでです。一名は多少理解出来るが拘りのない方、あとの二名は理解出来る方です。

ハンバーグを理解しても、いきなりの変更が理解出来る程健常な訳ではない。

この辺りがかなり難しいところなんですが。

実はハンバーグが理解出来て、いきなりの変更が理解出来ない方が、夜、号泣してしまいました。

ヘルパーさんには、その場で今までの経緯を説明しないとね。

私達が思っていたハンバーグ専門店でなくても良いのです。より良い店があるならば。但し、利用者が選ぶかどうか、は、ともかく、メニューの分かる場所にハンバーグの写真くらいはなくては困ります。もしくはヘルパーさんが、全員の分ハンバーグを注文してくれれば収まりますけど。

ヘルパーさんも、良かれと思ってしてくれた事です。だからこそ、世話人はきちんと伝えないとダメなんですよね。

嘘つきは泥棒の始まり。
話題の後始末に冷や汗かきました。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック