bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



夕食
写真がないでしょう?夕食の献立の話じゃないんです。

夕食って、みなさん全員で食卓を囲みますか?

私は世代が古いので、利用者さんと一緒に夕食を食べます。通所先から連絡ノートなどきますから、それを話題にしながら、一緒にDVDを見ながら、いわゆる団らんをします。

利用者さんはこちらで設定した夕食時間には、「食べたい」と言う様子を見せます。一人時間がずれているのですがね。のんびりさんです。夕食直前に風呂に入るので、みなさんよりも30分から40分は食卓に着くのが遅くなります。早食いの人はもう食べ終わって、歯磨きもして、自室にいたりします。

私色々雑用しながら、介助しながら、の夕食ですし、もともと早食いの方ではありませんので、みなさんと一緒に食べ始めて、のんびりさんよりも食べ終わるのは遅い。みんな、献立が冷めてしまいますけど。

という事で、一人で夕食を食べる人はいないんです。


で、相棒。

相棒は若いので、早い時間に夕食を食べると深夜に空腹になるようです。それだけが理由なのか、ちょっと把握し切れていないのですが、彼は一緒に夕食は食べません。21時ころ、時間が空いた時に一人で食べます。のんびりさんなどは、一人で夕食になる事もあるようです。

これ、まずいでしょうか?

先日上司と話をする機会があって、何かの拍子にこの話になり、上司が「それはまずい。一緒に夕食を囲むのは、GHなどの生活の場所では基本中の基本だ」と言い、ちょっと困惑しています。

夕食は、職員は別に食べるべきだ と言っているのではないんですよ。私は一緒に食べます。私にとってはそれは当然のことです。でも、今、食生活って非常に多様化していますよね?とかく知的障害者の人の生活は、昔ながらの良いとされている生活順守の面持ちがあります。

話がそれますが、子供のころから30年、40年、同じメンバーで必ず同じ日程で旅行に行くとか、週末の食卓は、独立した兄弟姉妹、その子供である甥姪まで全員で両親の家に集まって夕食を摂るなどの現代社会では考えにくい「良い事」が歴然と行われていたりします。ここまで来ると、異常だと思います。

その辺考えますとね。少々今風に「個食」をやる職員がいても構わないような気もするんです。

知的障害者の人の知的障害者たる一番のところ、と言うか、成長しにくい点、つまり、本人さんの能力が伸びにくい点は、子供の頃の習慣などを引きずったまま、大人になってしまい、(これは特性上仕方ありません。彼らの暮らしに草の一つであり、そこに支援を入れるべきものです。)新しい楽しい世界が広がっていかない という点にあります。
日常生活と言うのは、楽しい事だけではありません。大人になれば、あきらめなくてはいけない事もありますし、自立しないといけない事もあります。何から何までいわゆる健常者と同じにするのが、支援ではありません。見極めが非常に大切です。

個人個人で特性も人間性も違います。そこを考えつつ、本人たちの可能性や長所をいかにのばして、本人たちに世界を広げていくのか、が私たち日常生活支援者の役目です。

相棒が夕食を一緒に摂らないのは、良い習慣ではないかも知れません。でも、私の自宅、家内と二人ですが、一緒に食事をする事は、週末の夜くらいです。週に1度か2度くらいしか顔を合わせない事も多いです。平日は顔も見ず、週末にやっと顔を合わせるという様な生活です。就労形態が全然違うので、仕方ありません。これが世代の流れ、時間の流れです。
こういう事が一つや二つあったからと言って、利用者支援をおろそかにしている事にはならないような気がするのです。

方や、一緒に食卓を囲む事が基本中の基本である という上司の言葉も大変良くわかります。事実私は当たり前にそうしていますし。

さて。

相棒に一緒に食卓を囲ませる様にすべきなのか?もう何年も一緒に食卓は囲んでいないので、今さら私が注意すべきなのか。上司に意見してもらう方が良いのか。このままで良いのか。かなり悩んでいます。

これが比較的軽度の方のグループホームであったら(当GHは名称はグループホームとつくのですが、法的な扱いはケアホームです。)私なら時間に幅を持たせます。18時から20時 という様に。その間の都合のよい時間に食べてもらいます。冷めたら自分で温めてもらいます。風呂も同じ。時間を決めてその間に利用者さん同士で調整して(自分たちでね)入ってもらいます。軽度の方のグループホームと重度の方のケアホームではおのずと運営は違うと思いますし。

ケアホームといえどもどこでも同じ ではないでしょう。利用者は違う訳ですから、それぞれの様子に応じた支援や習慣が必要でしょう。

簡単なようですが、考えれば考えるほど、どうすべきか、かなり難しい問題です。

みなさまのご勤務先はいかがですか?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック