bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



薬のインターネット販売
大騒ぎになってますね。弱者の切り捨てだって。

法律に詳しい訳ではありませんが、薬がインターネットで買えるのが当たり前、と言うのには、私は甚だ疑問を感じます。だって、支払いもある訳で、弱者で玄関迄行けない人は、受け取りも支払いも出来ません。

日本が福祉大国だとは到底思いませんが、支援が必要な人には、何らかの形で支援が入っています。

何が言いたいか、と言うと、医者で処方して貰うべき薬、大衆薬でも薬剤師の説明の必要な薬、なんかを、良からぬ目的で使いたい人が、弱者に事寄せて反対しているのが気に入らないんです。

普通の大衆薬、誰かに買ってきて貰う事が出来ない、完全に不可能、もしくは通院する事が完全に不可能な弱者が本当に山程いるのでしょうか?

それよりも、ドーピングやら、薬物の違法使用をしたい輩ががーがー言っているだけに思えます。

インターネットで売れている薬、大量摂取で副作用が出て、おかしな遊びの出来る精神薬が多いんですよ。咳止めも咳止めに使われていません。良からぬ遊びに使う輩がインターネットで買います。

私は何で医者の指導を仰いだり、薬剤師の説明を受けたりする必要のある薬を、インターネットで買いたがるのか分かりません。

後ろめたいから、としか思えないのです。

世間には置き薬のシステムもあります。弱者保護を謡い文句に良からぬ行動を正当化しないで欲しいです。

基本的には私は規制に賛成です。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック