bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



素人さん
私の家内の話ですが。

今、GHに防火対策が義務付けられまして、ちょっと慌てています。消防署認定の防火カーテン、防火カーペットでないt駄目になったのです。非常口マークも義務付けられました。玄関と2階の窓に逃げるマークを設置するというのです。

うちのホームの利用者に非常口マークの意味が分かる人はいません。

さて、困ったのは、防火カーペットです。
趣旨はわかります。
逃げ遅れがちな人が住むのだから、燃えない材質で無いとだめだ という事でしょう。
その趣旨に異論はありません。

でもね。

GHは、生活の場所です。施設じゃありません。人数も限られています。通常は一般家屋の扱いなんですが、この消防法上は施設に位置付けられてしまったらしいです。

カーペットですが、ホットパーペットを使っている方があります。
この方は、暖房が理解できません。言葉はあり、かなり日常生活行動は出来るのですが、子供のころは、エアコンの暖房というものが存在しなかったためでしょう、エアコンは冷房としか認識していません。
言葉はかなり達者に操るのですが、言葉で理解する事は出来ません。説明などは言葉でするだけ無駄。
どのくらい無駄か というと、「お風呂のふたを閉めてきてね」と伝えて、3年間一度もふたが閉まった事がありません。
お風呂のふたがどれなのか、ふたを閉めるという行動はどういう行動をするのか、などはわかるのですが、自分が風呂のふたを閉める行動をした事がないのと、言葉を理解できないのとで、この方に風呂のふたを閉めてもらう事はあきらめています。

というくらい、言葉では理解できない、達者にしゃべる人なんです。言葉をしゃべれると言葉が理解できると思いがちですが、実はそうじゃない。言葉を喋れなくても良く理解する人もたくさんあります。言葉に惑わされてはいけません。

ですから、この方に、暖房のなんたるか を説明しても無駄な訳です。
日常生活行動は良くできますから、暖房が付いているとすぐリモコンで消します。
本人は寒さで震えています。
風邪もしょっちゅう引きます。
でも、暖房できないんです。

なので、ホットカーペットを使っています。勿論ホットカーペットのスイッチの入り切りは眼中にありません。ご家族が至れり尽くせりで育てたので、快適な環境は何もしなくても自然に整備されるわけであります。
ですから、入り切りは私たちがしています。エアコンは、本人が帰ってくる前につけておき、帰ってきたら、消す。起床時もタイマーかけたいんですが、タイマーのスイッチが入っているとランプで知らせますよね?という事は、入っていないはずのスイッチが入っているという事で、全部消してしまいます。どのボタンでどのランプが消えるかなどは良く分かっています。消えるとどうなるかの意味は分からない。非常にめんどうくさいです。仕方ないので、深夜、早朝などに本人が眠っている間にそっと部屋に入ってつけておき、起床時(つまり声をかけて起こす時)にばれないように消すんです。

という面倒な人がいるのですが、防火仕様のホットカーペットってありますかね?少なくとも私は知りません。


家内が素人 というのは。

ホットカーペットはじゅうたんではない、暖房器具だから、関係ないはずだ と言います。
又、こういう特性を持った人がいるのだから、交渉をすれば解決するはずだ とも言います。

悪意で言っているのではありません。
善意ですから困ります。

こういう交渉を俗にごね得と言います。
ごね得が通るなら、障害者支援の法令は全部無効になってしまいます。

役人が作る法律だの法令だのと言うのにはもともと期待していませんが、障害者支援の為 というお題目で出来なくなった事は、山ほどあります。

今回の防火仕様にせよ もその一つかな。
法令は仕方ありません。
何か引っかからない形で、本人が納得して温かく過ごせる方法を何とか探さなければ。

一度、お役人に、現場で夜勤してもらいたいですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック