bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



先生
教師の事は一般的に先生と尊称しますね。教諭の事と言ったら良いかも知れません。

世間には、俗称として、先生と呼ばれる職業はかなりあります。他に呼び方がないからかと思います。私の父親も、俗称、先生、の職業でした。法律の専門家でしたから、まあ、仕方ありません。弁護士ではなくて、司法書士。

で、私達介護屋も時に、先生と呼ばれている事がありますね。多くは施設職員をしているヒト。養護教諭はそもそも教諭ですから、先生ですが、そうではなく、いわゆる知的障害者施設の職員も、概ね、先生と呼ばれています。私も慣例に従い、通所先の担当職員さんは先生と尊称しています。
前置きが長いですが、一昨日、通所先の送迎車の運転手さんに、「先生」と呼び掛けられて、慌てるやら、驚くやら、不甲斐ないやらでした。

名乗っている筈なのに、運転手さんは、私の名前を知らない、覚えていないのかも。

施設職員さんは仕方ないとして、生活の場所であるホームの世話人が先生では困ります。利用者の家族や、本人達、通所先の職員さん等は承知していますし、知的障害者支援を生業としている人なら、ホームの世話人を先生とは呼びません。
一般の方には呼び方に迷う方もまだまだあるのかも知れません。でも、ホームの世話人が先生じゃまずい事は、多分確かだろう、と思います。

普通に苗字で呼んで下されば良いのですがね。

ナイショですが、一部の施設職員には、先生と呼ばれて当たり前だと思っている職員もいます。概して、ハズレの職員さんが多いです。先生と呼ばれたがる介護屋には余り質の良い介護屋は居ないですね。私が質が良いかどうか、は、別の話で、先生と呼ばれたがる施設職員、山程見て来ましたから。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック