bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



通院付き添い
今日は通院の付き添いです。中度くらいの方。かなり自分で出来ますが、お金の事や全体的な展望は無理な方。

この方、精神の自立支援医療の通院補助を使っています。麻痺のある方です。何で麻痺に精神自立支援医療?と思ったら、てんかんでした。

実はご家族がうっかり、医療証の期限切れに気付かなかったそうで、本日は3割支払ってきました。

要するに医師の方の書式に基づいた診断書を市役所に持参すれば手続きは出来ますね。

書式は市役所に取りに行くのが決まりですが、医事課等に聞いてみると、予備の書式を密かに持っていたりするのです。

私自身が利用者ですから、その辺の機微は分かります。ので、予備はありませんか?と聞いてみましたら、ありました。診断書そのものは後日取りに来るしかないかな?と思ったら、なんと!医師の方が、その場で書いて下さいました。言ってみるもんですね。

しかし、精神自立支援医療証なんて、一般のヒトは余り縁がないんで、切れた時に私が丁度付き添いで良かったかなあ?とちょっと思いました。

てんかんのある方、意外に沢山おいでです。てんかんがあるのに気付いていない方もあるそうです。重い発作が出ないと気付かない事があるらしいですが、てんかん発作は回数重ねる毎に寿命に影響するそうです。発見治療する方が良いですよね。私はてんかんではありません。いわゆる精神疾患で自立支援医療を利用しています。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック