bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



人それぞれ
今日は七福神めぐりに行ったわけですが。
ひさしぶりに、支援者が仕事の後、集まってお茶を飲みました。無駄話をしたわけですね。

その中に、いわゆる登録ヘルパーさんがいました。うちの事業所での身分は登録ですが、あちこちで掛け持ちされている方で、まあ、流れのプロの方。以前の私のようですか。そんな感じの方です。

その方が、介護事業所のあり方について、ちと熱弁をふるわれて、ちょいと聞きました。ふむふむ。

言いたい事は何となくわかります。うちの事業所に対する不平不満もわかりました。

そうですねぇ…
私の立場から言えば、ちょっと視点が違う気がしました。
たぶん。
同じ事を考えていても、その表現方法は千差万別だと思います。同じ事をしている人に対する評価も、人それぞれ違うんだろうと思います。

およそ、福祉の世界で働いている人が、福祉サービスを受ける対象の方々に対して思う気持ちはそれほど変わらないでしょう。プロとしてそのサービスが担える、価値があると思うから、仕事をしている訳ですからね。

ところが、立場が違いますと、同じことに対して、又、同じ意見に対して、その評価が違います。少なくとも、私にとっては、その方の熱弁は気分の良いものではなかった。つまり価値観、世界が何か違うのでしょう。

小さなNPO法人である当事業所に限界や、不可能はたくさんあります。その中で目指している事も、実現している事もたくさんあります。
そのあたりの認識の違いというのは、なかなか難しいものですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック