bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



のんびりさんの夜
昨夜、ちょっと書きました。あれは夜勤中のPHSからです。訳が分からないと思い、書き直しです。

のんびりさんは、スケジュール表に従って生活する事が好みです。私が書いたスケジュール表をいつも確認しています。
その通りに生活してくれれば、全く問題なく暮らせるのですが、そこは知的障害のある方ですので、難しい面があります。

のんびりさん とあざなしたくらいの方ですから、行動は何でものんびりです。しかも、急ぐという事が出来ません。その点には残念ながら能力が備わらなかったようです。本人のせいではなく、障害のせいです。

ですから、急ぐように伝えても、急ぎ方がわかりません。我々がフランス語で何か指示を受けても全然分からないでしょう?そういう感じに分からないんです。
分からないという事はどういう事か という事から、知的障害者支援は始まります。

で、そのスケジュール表ですが、物理的には実現不能なスケジュール表です。朝起きた5分後に朝食 とか書いてあります。実現不能なのは百も承知で、その書き方だと本人が適切に行動が結果としてできるという書き方になっております。

で、朝はまあまあかなりうまく行く様になりました。この時も結構苦労したのですが、これは成功するのが早かった。
困っていたのが夜です。
スケジュール表には、21時服薬、22時歯磨き、22:30就寝という意味の事が書いてあります。本人は22時に寝ていると信じております。

じゃあ、実際はどうか?と言うと、21時服薬、22時歯磨きあたりはまあまあなんですが、そのあと遊び始めるので、結局23時頃トイレに行き(黙っていると手洗いに行かない人です。感じないらしいです。尿意を)それから布団の中で楽しい事を考えているのか、うふふふふ なんてやっていて、下手をすると午前1時ころに遊び道具の時計を鳴らしていたりします。

朝は、ぎりぎりまで寝かせる事にしたのですが、それでも6:45には起こさないと通所に間に合いません。

どこが問題か というと、年齢的に高くなってきていて、睡眠が十分でない為に、昼間通所先で昼寝が習慣になっていたり、風邪をしょっちゅう引いていたりしているのです。ここ1年ひどくなってきました。

ですが、スケジュールは正しい訳で(彼の中で)しかも、そのスケジュールに従って本人は正しく行動すている訳ですから、話がややこしい。

一計を案じまして、新年早々スケジュール表を書き換えました。
口実は何でもよいのですが、「新しいの、作ってあげよう」で十分。嬉しそうにしてくれます。

で、21時服薬、22時歯磨き、22:30就寝だったものを、21時 服薬、歯磨き、洋服を出す、布団を敷くにいたしました。
22時就寝と書き換えました。
要するに、今までの時間帯と丁度一時間早くなるように仕向けたのです。

私たち世話人の目論見では、22:30に布団に入ってくれればよいと思っていましたが、丁度一時間のずれというのは、本人さんにはわかりやすかったようで、取り組み始めて3日目の昨夜、22時に布団に自主的に入ってくれたのです。

1日目に失敗して、「ああ。これが実現しないと納得しないんだな」と言う事がいくつかあり、昨日は22時に布団には入りましたが、本人がこだわりを持っている事をひとつやらずに布団に入ったので、本人は、途中で起きてきて、拘り行動を実現してから眠ったようです。

今夜は、その拘り行動を実現してから、22時に布団に入れるようにすれば、そのまま眠ってくれるかもしれません。

私の専門は、重度知的障害者の方の日常生活支援です。本来は、誰かに支援をするという様な場合には、十分なインフォームドコンセントが必要でしょう。のんびりさんの場合ならば、もう少したくさん眠らないと風邪をひいてしまうと説明が必要なのかもしれません。
でも、私は致しません。いきなり実行に移します。
なぜならば。
本人は、昼間眠い事や、すぐ風邪をひく原因が、自分が夜更かししているからであって、十分な睡眠をとれば解消する事が理解できないからです。
言葉で説明してもちんぷんかんぷんで、不快な思いだけが残ります。今までやっていた事をやめなさいと言われるのは、誰でも不愉快です。

なので、「今までの寝方では駄目だから、今度はこうします」とは言わないのです。「新しいスケジュール表を特別に作ってあげるよ」と優越感を持ってもらうのです。それに乗ってくれれば、本人の暮らしにくさは一つ解消します。

と偉そうに書いていますが、ここにたどり着くまでに実は3年掛かりました。成功するとは思わず、とにかくためしにやってみたところ、運良く3日目でほぼ見通しが立ったという事なのです。

知的障害者の方に何か新しく本人さんが暮らしやすくなる事を試みる場合は、私は2週間が勝負だと思っています。だらだらやっていても、効果は上がりませんし、本人は意味が分からないので、不快です。効果がないと判断したら、すぐ中止する英断も必要でしょうね。

今まで失敗した試み、たくさんあります。
今回の成功の兆しは3年間でもっとも有意義なものでありました。

このまま定着してくれると良いのですが…
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック