bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



あーあ。
正確には医者には行っていないのですが。
年末に風邪をひき、仕方なく休日救急(一次救急です。)のお医者さんに行きましたよね?私?
当番の先生が外科の先生で、かつ、年末年始で薬の在庫が少なくて、以下の薬をもらってきたのです。

PL顆粒(処方の総合感冒剤です)
ロキソニン(消炎鎮痛剤。かなり強いやつです。)
ムコスタ(胃の粘膜を保護する薬。)

私はロキソニンに弱いのです。胃がやられます。
同様に、同じ成分を使っているボルタレンも駄目です。

とは言うものの、消炎鎮痛剤がないと困る状態でした。喉をやられたんです。喉=熱となる私は、喉でごちゃごちゃしている暇はありませんでした。

となりますと、飲むしかありません。ロキソニンを。
介護職は、偽医療職みたいなもんですから、一般の方よりは、薬物に関する知識があります。勿論、患者としての知識程度ですが。

前に書いた事があるので、覚えている方もおありかも知れませんが、私には食道ヘルニアがあります。胃が食道にはみ出している状態ですね。おもに老化で起こります。(まだ老人の年齢ではない と思っていますが。)不規則な食生活、睡眠生活ですので、そういうのも要因になるようです。

時々、胃がおかしくなり、食べられなくなる事があります。そんなとき、集中的にムコスタを使ったりしています。

ロキソニンしかない とわかった時、(私はブルフェンが欲しかったんです。ブルフェンなら、それほど強くないので、何とか胃がおかしくならずに済むのです。)「先生、ムコスタありませんか?」と思わず聞いてしまいました。
ありました。
で、出してもらいました。

前置き長いですが、そういう訳で、どうも喉がはっきり治らないので、処方された4日分、時々ロキソニンは飲まなかったりしながら、とにかくほとんど飲みきってしまいました。治らない=仕事に差し障る=利用者に遷してしまう ですから、勝手に風邪はひけないんです。介護職は。

それでとうとう胃がやられました。
当分胃は戻りません。
風邪もいま一つはっきりしなくて、ロキソニン飲むか、我慢するか、もう困っちゃいます。

一つ言える事は、かかりつけに行って、「ロキソニンを飲む羽目になり、胃がやられてしまいました。」と申し出て、ムコスタをまた出してもらうはめになったという事ですかね。

私は病気のデパートですので、大抵の事には驚きませんし、少々おかしくても仕事に差し障る事はないのですが、常用薬もかなりありますし、精神薬もかなり飲んでいます。

薬が要らない人生になったら、どんなに素敵かな?と思う事があります。

新年早々辛気臭いお話でありました。

みなさまも、どうか、ご健康には十分に気をつけられてくださいませ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック