bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



仕事始め
みなさまも今日からお仕事始めでしょうか?私も年休をかなり使ったので、今日から仕事始めです。
本日は、殿様が昼で帰ってくるので、新年早々べらぼうに早出です。学校じゃあるまいし、年末年始、夏休み前後など、昼で作業(仕事ですよね?本人たちにとって)を終了にするのは、ぜひ、やめてもらいたいんだけど。入社式って、昼で終わりませんでしょう?そういう事、結構大切だと思うのですがね。

ともあれ、殿様、13時には帰ってきてしまうので、12時には遅くても出勤しないと間に合いません。年末にGHを閉めたのは、相棒。新年開けるのは私。違う人が閉めたり開けたりすると、勝手が違うので、調子が狂いますし。新年ですから、雑用も山ほど溜まっていますし、お金の何やらやら、書類の何やらやらが、山積しております。

以前は休み中にちょっと仕事しに行ったりしたのですが、最近は意識して職場には行かないようにしています。そばにあるスーパーを自宅でも良く利用するのですが、あえてホームには寄らないようにしています。休みは休むか という事にしたのです。気が休まらないからですね。

今年の懸案は、ワンピースさんの作業所移行です。
ワンピースさんは、若いし、消費意欲が高いので、作業という名前であっても、労働のまねごとをすれば、きっと、労働と対価、消費が結びついていくはずです。これは人と飛躍的に進歩させます。ぜひ実現したいと思っています。

ご家族と今行っている日中生活介護の施設がちょっと及び腰でして、基本的には賛成なのですが、「本人に負担がかからないようにゆっくり。揺り戻しが起こらないように、無理なく。」と言っております。

環境変わるんですから、負担がかからないという事はない。揺り戻しも必ず起こります。ゆっくりやれば本人が楽とか、混乱しないという事でも必ずしもありません。ワンピースさんの場合には、たぶん、一気にがーっとやって、反動が激しく出ますから、それを短期間でしっかりフォローしてあげる事で、乗り越えていくと思われます。そのあたり、生活の場所を見ている支援者と、ご家族、日中活動先とは認識が違うので、難しいところです。

我々でも、新しい職場に転職したりすれば、ストレスものすごくかかります。知的障害者の方も同じです。でも、知的障害者の方も学びますし、乗り越えていく能力があります。そのあたりは人間みな、同じです。変革や、反動を恐れると、本人が前に進めません。そうしているうちに、ちょっとこれから変革を起こすのは、本人にとってどうなんだろう?とちょっと考えてしまう時期まで来てしまう方もあります。10年20年と同じことの繰り返しで人生が終わってしまうと言いますか。

勿論、50歳でも60歳でも変化は起こせます。本人の能力は限界はありません。より暮らしやすく人生を謳歌する為に、一時的なショックは誰にでも必要です。

その辺が今年の課題ですかね。

ワンピースさんが成功したら、来年はコーヒーさんをやるつもりなんです。のんびりさんのご家庭は、かなり抵抗が強いので、のんびりさんは、日中生活介護から出してあげられないかも知れませんが、まあ、それはそれです。本人も自立したいとは思っていない様子なので、そういう人生も勿論ありだと思っています。全ての障害者の方が、経済的な自立をすることが自立じゃありませんし。

ワンピースさんの移行が成功したとして、来年コーヒーさんに取り掛かりますと、4名中3名が作業所で作業工賃を受け取る事になり、のんびりさんだけが、日中生活介護でその施設は工賃発生しないので、その点で差がつきます。そこでご家族が気付いてくれれば、のんびりさんも数年後、移行が出来る可能性はゼロではないと思います。

身辺自立はのんびりさんが一番能力があります。
心の自立はのんびりさんが一番能力が少ない。
人の能力は凸凹です。
そこを見極めつつ、家族調整に翻弄する一年に今年もまた、なっていくと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック