bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



不幸な事件
私には答えがありません。

軽い知的障害がある、とされる容疑者が、殺人事件の犯人とされています。

事実はひとつ。
真実はひとつ。

なくなった少女、ご遺族の気持ちを考えると、いたたまれません。

容疑者が殺害したのは、警察が捜査したのですから、確かでしょう。それについては障害があろうが、なかろうが、応分の責任を取らねばなりません。

報道を見る度思います。
まず障害がある、等と言う事は、報道の必要がない事です。人にはプライバシーがあります。警察、検察、裁判所には守秘義務があります。

捜査の方法も難しい筈なんです。軽くても知的障害があれば、自分で真実がわかっていません。ある程度障害者に対応出来る支援者が入らなければ、真実は引き出せません。弁護士が入ってもムリです。

本人に応分の責任を、本人に分かる様に果たさせるには、かなりの力量が必要です。罪を償わせるにも支援が必要なんです。ただ刑務所に入れても責任が分かりません。だから知的障害者の再犯率はとても高いのです。

刑務所は罪を償わせる場所でもありますが、社会復帰、更正を果たさせる教育の場所ですね。それが知的障害がある、と言う事で、失われる、と言う事は、容疑者だけでなく、被害者の方、ご遺族の方の救いにもなりません。

精神鑑定して、責任能力を軽減すれば済む話じゃないんです。

私にも答えはありません。私に出来る事は、毎日の生活の中で、利用者にしてはいけない事をしっかりと伝え続けて行く事くらいです。

この事件を見る度に、やるせない気持ちから抜け出せません。

難しい問題です。

うちの法人でも、殺人事件はありませんが、小さな事件はしょっちゅうあります。それを本人にどう生かす事が出来るか?

これは障害者支援のひとつの大きな課題です。

余り話題にならないようですが、これが出来なければ障害者支援は出来ない、と言うのが、私の持論です。

軽度の障害の人に伝えて行く事程難しいです。私にはまだ軽度障害の人にしっかり伝える技量はないので、これからどうスキルをつけて行くのが課題ですね。

重度の方の方が少し伝わりやすいです。思考が割合に簡単な方が多いので。でも伝わらない事も沢山あります。

答えはずっと出ないかも知れませんが、考え続けていかねばならない事ですね。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック