bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



仕事納め
ちょっと早いですが、明日の夜勤で仕事納めです。
普段休めませんので、年休を足して26日~休みます。

本日は祭日で、まあ、今朝のような食事風景だったのですが、さすがに昨日の昼から今日の昼過ぎまでの勤務は疲れました。いろいろ有意義ではありましたが。

明日は運悪く?ちと相性の悪いパートさんと一緒になります。あちら様も同じだと思いますし、愛称で仕事はしませんので、まあ、構わないのですが、その分またまた早出です。

本当は明日はクリスマスイブですよね。
又言いますが、クリスチャンのワタクシは、本来ならば、教会にいなければいけないのですが、このところ、かなり長く教会には顔を出しておりませぬ。一般の方はご存じないと思いますが、長く教会をさぼっていますと、とある儀式をしないと教会に入れないんです。結構最近はその辺いい加減と言いますか、緩やかと言いますか、そういう風になっているようですが、私が教えを乞うた修道会(意味わかりませんよね。修道会があるのは、カトリックです。プロテスタントにはありません。ついでに洗礼名があるのも、カトリック。私は洗礼受けていますので、クリスチャンネームがあります。)が、かなり保守的なところだったので、どこかそういう古いしきたりに引っかかる自分がいて、なかなか教会に足が向かないという矛盾したことになっておりますです。

ちなみに、本来私が所属すべき教会は、自宅から歩けば歩けるところにあるんです。引っ越しの届を正式にしていないので、教会信者名簿みたいなのが移動していない。つまり、無宿者みたいな状態になっているので、ますます行きにくい。

まあ、さておき。

明日はクリスマスイブです。

が、GHでは、もうクリスマスは終了してしまいました。
何故ならば、19日に作業所でクリスマス会が催され、その夜、GHでクリスマスと称してレストランにみなさんで食事に行き、その翌朝、つまり20日には未だサンタクロースを信じている若い利用者の方のところにサンタクロースも来たので、(サンタクロースは私ですが。)利用者さんのモードはすでにお正月。

カレンダーが大切なのではないように思い、世間はクリスマスですが、クリスマス飾りはもう片付けてしまいました。
明日、明後日で、正月飾りをしてしまいます。
GHに利用者さんが泊まるのは、3人の方は25日まで、殿様が26日までです。なので、26日の朝には正月モードにしてしまおうと思っています。

正月モードと言っても、大した事は致しませんで、玄関にしめ飾りをするのと、利用者さんの部屋に真空パックの小さな鏡餅を置くだけです。
家内に言わせますと、鏡餅に干支の動物が乗っているのは邪道だそうです。
家内は神道が盛んな地域の出身で、本人は、仏教系統の新興宗教の信者です。(仏教好きとは知っていましたけど、新興宗教の信者と走らずに結婚したワタクシ。結婚してからかなり驚きました。カトリック信者って、新興宗教嫌いなんです。新興宗教の定義もいろいろでしょうし、悪いものだとは思いませんが、感情的にダメ。これも古風なカトリックの修道院で教育受けたせいでしょうね。誰も悪くありませぬ。)
正月行事は神道から発している事が多いですから、家内の言う事は、きっと正しいですね。

とはいえ、利用者はわかりませんし、毎年動物が変わる方が楽しいので、懲りずに干支の動物が乗っている鏡餅の真空パックを買ってまいります。

実家は、(私のですよ。)少し前の普通の家庭で、神社の氏子でもあり、旦那寺もあり、のところでした。ですから、一応正月の行事とか、変な話ですが、葬式のしきたりとかには、私も通じてはいます。いまどきの若い人よりは詳しいでしょう。でも、何となく今はやらないですねぇ。
自宅は家内が思うようにしてもらうつもりです。
私には全然こだわりがないので、こだわりのある人の思う様にしてもらった方が平和ですからね。

最近は、しめ飾りもリース型とかあるんです。
先日、コーヒーさんに「しめ飾り買ってきて」と頼んだら、(もちろんヘルパーさんと一緒ですよ。一人では無理です。)リース型のやつを買ってきました。
折角ですので、今年はそれを飾ります。
利用者の方が選んだ と言えば、ご家族方も納得されますし、本人さんも楽しいので、一石二鳥です。

年賀状もあて名は職員が書いて、昨日コーヒーさんがポストに入れてきました。

コーヒーさんは、とてもまめな性格で、用事を頼むと本当に楽しそうにやってくれます。結婚されたら、マイホームパパになること請け合いです。
クリスマス飾りを片づけてくれたのもコーヒーさんでした。

年末には、のんびりさんのご家族が、自家製の鏡餅を飾りに来られます。その時に、GHに何も正月の様子がないと格好が悪いので、年末に閉める時には、何かしらの準備をしておくのは、これはとってもとっても大切です。ご利用者の家族って、結構大切ですから。

そうそう。

鏡餅は小さなものを作ってくれまして、上に橙の代わりに小さな蜜柑を置いて行ってくれます。
1月の最初の日にGHを開けた途端、コーヒーさんの部屋の蜜柑が皮だけになります。あっという間に食べちゃいます。彼にとっては、蜜柑はミカン。橙の代わりでも神聖な?ものでもありません。
毎年、今年こそは、無事に蜜柑を回収しようと思うのですが、回収できた試しがありません。
来年の初めの日もきっと食べちゃうでしょうね。

鏡開きは致します。
本当は正月の11日ですが、日にちはずらすかも知れません。

鏡開きって、普通は汁粉だそうですね。
私の実家の周辺は雑煮なんです。
かなり大人になるまで、「講道館で鏡開きが汁粉なのは、あれは講道館特別だ。」と思っていました。
どなたに聞いても、鏡開きが雑煮という方にはお目にかかった事がありません。
GHもご家族に聞いたところ、みなさん「汁粉ですよね?」と怪訝そうな事を言われるので、たぶんそちらが正解だと思い、汁粉にしています。

家内は出身地が私とまるで違う場所なので、汁粉と善哉の区別が私とまるで違います。

私の知っている汁粉は、笹下を煮て、火が通ったら、少しずつ砂糖を入れ、少々煮詰めたもの。普通は汁粉を作ります。
善哉は汁粉屋などで食べるもので、材料は知りませんが、(小豆かな?)形が崩れるまで煮て、汁けの全くない、温かいあんこのようなもの。

家内の知っている汁粉は、いわゆる御膳汁粉で、あずきを煮て、裏ごしというか、濾したものだそうです。善哉が普通の汁けのある形の崩れた小豆の煮たものとか。

食べ物って、地方で随分違うものですね。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック