bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



年の瀬です
当GHも丸3年になりました。確か12月12日開設だったと記憶しています。

3年間すごく長かったし、あっという間でした。
最初は夢中、今は、そうですね、日々悩む毎日でしょうか?

利用者の方は確実に成長されています。
ご家族の意識も少しずつ変わってきています。
そこに理想と現実のギャップも明らかになってきています。
利用者の持つ能力の中から、将来の為に何を引き出せるか も難しくなってきています。

最近良く思うのは、利用者の一見した能力のようなものと、実際の能力にはかなり開きがある という事です。
手帳の重い軽いもそうですが、同じ手帳の区分でも当然ながら、個人の持つ資質能力には違いがあり、平均的に同じ程度の能力を持つ訳ではありません。
つまり、重度 と言えば、全ての能力が重度な訳ではなくて、手帳が軽い人の方が全てにおいて重い人よりも能力が優れている という訳でもないという事です。

知的障害を持った人の能力には、本当に凸凹が多いのです。ある点では、ものすごい能力を持った方が、ある点では全然理解できない という事が多々あります。

本人の持つ能力を生かして、それを広げ、暮らしやすくしていくのは、世話人の役目ですが、本人が希望する事を引き出していく為には、本人をよく知らなければなりません。が、本人は自らを主張しきれないという事もあります。
本人が主張しきれない自己実現をどう世話人が引き出していくのか という事もあります。
世話人が良かれと思い、本人置き去りに何かをすることは避けなければなりませんが、本人の自己実現という場合、単純に本人が好む事、本人が言葉で主張する事をうのみにはできない事をつくづく感じています。

特に思うのは。

言葉のある利用者さんの事ですね。
言葉があると、自分を主張できると思いがちです。
日常会話が十分にできる利用者の方がありますが、この方、実は自己主張が出来ないんです。
AとBのどちらが良いか?という程度の(たとえば、夕食のおかずとか、簡単な事ですよ。)事はまあ、判断できます。ちょっと面倒な事になると、本人、答えますが、その答えは、本人の自己実現になっていない場合が非常に多くあります。

こんな事があったのです。

水曜日にある雑誌が発売されます。
作業所で買い物の行事があるのが金曜日。
彼は金曜日に大好きなその雑誌を買います。

ところが、週刊誌ですので、金曜日には売り切れの事があります。ご家族は、売り切れだった場合、車で遠くの書店まで見つかるまで探しに行きます。

で、ご家族が出した結論は、「自宅で家族が買っておく。本人には金曜日に買わせない」でした。

本人は、時間の相関関係やら、週刊誌は売り切れたらどうしようもないという事やら、は理解できません。今まで自分で買い物していたのですから、作業所の買い物の際に必ず「週刊誌を買います。」と申し出ます。自宅で家族が買っておくと、家族と話し合ったのに、です。理解できていないのです。

毎回作業所の職員さんが、「ご家族がおうちで買っているから、買わなくて大丈夫です。」と言ってくださいますので、本人は買いません。が、理解して買わない訳ではないのです。意味は分からないけれど、駄目だ と言われているらしいので、買うのをあきらめるんです。

これ、意味がありません。
理解していないのですから。

実はGHの近所に毎日の買い物をするスーパーがあります。丁度水曜日はスーパーに全員で買い物に行きます。そのレジでその週刊誌は必ず売っています。GHで買い物に行った時にそのレジで買えば、本人が「買いたい」と言う要望はかなえられますね。

家族の機嫌を損ねないように申し出てみました。
本人は時系列的な理解が出来ないので、何で金曜日に買ってはいけないのか?(自宅で買ってあるからダブる)(金曜日では売り切れる事があり、そうすると高齢の家族は遠方まで探しに行かないといけない)分からないまま、毎週「週刊誌を買います。」と申し出ては、「おうちにあるから大丈夫ですよ。」と言われて、何となくあきらめている訳です。

駄目でした。

家族が本人と話し合ってしまったのです。
「GHで自分で買うのが良いか?自宅で家族が買っておくのが良いか?」理解できるなら、この問題は起こっていません。
本人は理解できないので、家族と言う言葉に反応して「家族が飼います。」と言ったそうです。

そうじゃない。

本人と実際にGHのそばのスーパーで購入してみればわかります。既に購入済みのものを2冊買わねば気が済まないと言う感性は本人にはありません。つまりその点では、購入済みのものを覚えている、2冊は必要ない と言う理解能力があるのです。この点を引き出してやればよい訳です。

本人に話し合いで考えさせて判断させることには、本人が能力を持っていません。面倒なのは、本人がかなり達者に言葉を話せる、文字も書けるという点です。そこに大きな落とし穴があります。本人が言葉で表現する事が本人の自己実現に繋がっていかないのです。


こんな事は、数え切れないほどたくさんあります。その調整をするのが世話人ですが、開設3年、非常にスムースに行っている方もあれば、行かない方もあります。結構ネックになっているのは、ご家族。
ご家族は本人をよく知っていますが、家族であって、プロじゃない。我々は勿論家族ではないので、本人をよく知らない点は非常に多くありますが、プロです。ここにギャップが出ます。

GHで結果を出しますと、それなりにご家族も納得してくれるのですが、結果を出すには家族の協力が必要な事も多々あり、なかなか難しいものです。

健康の問題とかもね。結構あるんです。
どうしようか?と真剣に悩んでいるけれど、どうにも答えが見いだせないままの事もあります。

日常生活支援の仕事は本人の将来、人生に関わる仕事ですので、リモコン操作のように本人を良い方向に引っ張っていく訳にはいかないむずかしさをつくづく感じる3年目 と言ったところでしょうか…

支援者が良いと思う方向に勝手に本人の人生を決めていくのが支援ではない ので、そこがまた、難しさを大きくしているかな と思ったりします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック