bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



緊急レスパイト
実は、昨日朝から明日の朝迄、殿様を緊急レスパイトしています。お母さんが持病を悪化させてしまったのです。

普段は土曜日の朝、お母さんが迎えに来ます。そして月曜日の夕方から又ホームに来るのです。ですから、土曜日の昼間、土曜日の夜から日曜日の夕方迄、日曜日の夜から月曜日作業所に送るところ迄、の3日分の緊急の支援者が必要になりました。

土曜日の夕食の支度迄は私が24時間勤務で繋ぎ、夕食からは人手がどうしてもなくて、理事長が繋いでくれています。本日の夕方から明日の作業所送り迄は、ピンチヒッターの初めての方が繋いで下さるそうです。

利用者の家族の高齢化もあり、時に突発事項は起こります。殿様本人ももう半月も風邪の様な症状で、お母さんの考えがあって、医者には見せていなかったので、お母さんを説得して、金曜日の夕方医者に連れて行ったところでした。

親子で風邪だったのかな?今、お母さんは症状ひどいので。

緊急時には何を置いても利用者の保護をするのが大原則です。例え原因がどこにあっても、です。原因で差別していては、我々の仕事は意味を持ちません。

しかし。

理事長自ら現場に夜勤に来てくれた、と言う事ですから、如何に人手がないか、お分かりいただけると思います。今夜のピンチヒッターの方もホームも殿様も初めての方で、普段は身体障害者の利用者さんの自宅で夜勤をされている方です。

二泊三日で夜勤かな?と思ったので、理事長が来てくれて助かりました。現場に社長が出てくる会社がどこにあるんでしょう。この仕事に応募者が適切に来るような施策をして貰いたいものですね。

本日は1日寝る事が出来て、明日から又仕事が出来そうです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック