bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



野球帽
今風に言えば、キャップですかね?前つばの帽子です。

ずっと疑問に思っている事があるんです。
知的障害のある男性方、みなさん帽子をかぶっているのはなぜでしょうか?しかも、揃って野球帽です。作業所や生活介護の通所施設でも外出の予定があると、必ず持ち物に「帽子」と指定してきます。

保護のつもりなんだと思うのですよ。一応は。
真夏などは帽子で熱を防ぐという意味もありましょうし、真冬なら冷えないようにとかね。

でもでも。
これも、私たち一般人やりますか?普通帽子かぶって出かけます?

年配の方で、実にかっこよくシックな帽子を使っておいでの方がいます。
若い方で、おしゃれで帽子をかぶっている男性(もちろん女性でもいますけど)結構います。
帽子が悪いとは思いませんが、なんと言うか、センスがなさすぎるのね。
実用的すぎると言いますか…

野球の応援に行く時に、球団の野球帽をかぶる は、われわれでも熱心なファンならやるでしょう。サッカーは知らないけど。球場近くならかぶりますが、地元の駅からかぶっていくのは、私は結構勇気が要ります。当地、とある野球の球団の本拠地があります。拙宅からなら電車で20分でついてしまいます。(どんな田舎かご想像下さい。)電車の中に球団の野球帽かぶった人、勿論たくさんいます。でも、それは野球のある日です。普段の日にはいません。

ここまで書いてきて、やっと分かってきました。
いわゆるTPOの問題ですね。

どーも知的障害者の方は、「お散歩」「遠足」「歩く」がどうしても多くなります。それにはもちろん意味があり、自己責任で運動しない事を選択する事が出来ないから。われわれが運動しないのは自己責任です。彼らはその点について自己責任を取ることが難しいです。ですから、「お散歩」「遠足」「歩く」はあり得ると思っています。GHでも散歩、良く連れて行きます。

発散という視点からも有効と考えられます。エネルギー有り余ってパニック起こしてしまう人などは、発散によって安定して過ごせます。そういう意味から「お散歩」は別に悪い事ではないでしょう。

ですから、お散歩する時に、野球帽をかぶって歩く というのは、理にかなっていますが、お出かけするときはいつも野球帽 というのはいかがなものかと。
おしゃれな帽子買いましょうよ。ねえ?お母さん?お父さん?

ホームの利用者さんもほとんどが野球帽なんですよね。
私もつい、暑い時などは、通所時に「○○さん、帽子をかぶっていらっしゃい!」とやっちゃうのですが、その帽子がねぇ…いつも野球帽。間違うとあちこちの球団の野球帽とか。そうじゃなくてもいかにも野球帽的な野球帽。

うーん…
これ、何とかしたいもんですね。

子ども時代、みなさん子供は結構帽子かぶっています。体力的に弱いからです。遊んでいる時にあちこちぶつけたりもしますから。そういう場合は、男の子はやっぱり野球帽ですよね。それは理にかなっています。私が知的障害を持つ成人男性の野球帽にどうしても違和感を覚えるのは、「それ、子供の頃のままひきずっていませんか?」と言う事なのかもしれません。

暑さ、寒さの緩和する為に、自己責任で調節できない知的障害を持った方に帽子をかぶってもらうのはやむを得ない部分はあります。あちこちぶつける人とかも。スーツで出勤と言う様な事はほとんどない人たちですので、普段着になんにでも合うのは男性の場合は野球帽になっちゃうのしょうがないのですけれど、私自身、おしゃれや、暑さ、寒さをしのぐ為に帽子をかぶろうという場合に、野球帽は恥ずかしいのでかぶりません。恥ずかしいかどうか は、これは個人の感性ですけれど、知的障害を持った成人男性が外出する時、誰も彼も野球帽をかぶっているってのは、どうなんでしょうかねぇ…

キャップじゃなくて、せめてハットをかぶろうよ と思ったりするのですけれど。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック