bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



夜の公園
自分が病んでいて、なかなかネタを書けなかったのですが、どうしても気になる事があって、それが本日のネタです。

先週の金曜日、イベントがありました。イベントと言うよりは、我GHの利用者のご家族は、何かと言うと利用者を自宅に引き取りたがるので、口実をつけて半ば強引に宿泊を促しています。それが月に一回のイベント宿泊なのです。金曜日にみんなで宿泊して、翌日は通所が休みだからちょっと遊ぼう という様なものですね。

ボーリングをしに行った事もありますし、まあいろいろなのですが、今月のその金曜日に相棒がちとおかしな?事をして、私はいまだに納得できずにいるのです。

いつもいつも本当にイベントにしては意味がないので、何となくだまくらかして?ちょっとした楽しみ程度にしています。目的は家族に利用者を手放さない心を改善してもらうためなので。

ですから、今月のその日は、私はちょっとした高級スーパーにお弁当を買いに行こうと思っていました。相棒にもその話をしていました。シフトを見たら、当日の夜勤は相棒でした。じゃあ、お任せでよろしく という事で、「お弁当を買いに行く」と言うのは、何となく決まったような感じでまあ、当日を迎えた訳なんですが。

お弁当は良いのです。買ったのです。私は高級スーパーのお弁当を買おう、それをGHに持ち帰って、皿にでもきれいに盛り付けをみんなでして、お茶でも入れて食べよう と思っていました。
相棒は違うお弁当を考えていたのです。それ自体はおかしくないです。チェーン店のファストフードの牛丼屋さんで、お弁当にしてもらうと考えていたようです。ちょっと疑問は残りますが・・・ファストフードが悪いとは全然思いません。利用者さん、そんなところにはめったに入りませんので、経験無い人もあります。未知の経験は良いものです。

が、何で店に入ったのに、お弁当?
店で食べればよいんじゃないかしら?

これは小さな疑問でもっと納得できない事はほかにあるのです。

そのお弁当に仕立ててもらった牛丼を、「歩いてしばらくかかる整備された公園に持参して、芝生の上で食べた」のだそうです。
自然の中でピクニック気分で。

あのね。ピクニックというのは、昼間やるからピクニックです。
花火大会がある、花見の季節でその公園に桜がある、などなら、夜の公園の芝生でお弁当わかりますが、何もない季節の夜ですよ、夜!
何が悲しくてせっかく温かい牛丼が冷める距離の夜の公園まで持参して、大の大人7名が輪になって牛丼を食べないといけないんでしょうか?時間はたぶん、18時から19時ころ。

障害者の方は自然の中で という固定観念があるんだと思います。無駄なお金を掛けないという意味もあると思いますが、店で食べても値段は一緒。だったら、店で食べて、公園を散歩すればよいんです。それならおかしくありません。

普通、一般の私たち、夜の公園でお弁当を広げて食べますか?花火も花見もないのに?おかしいでしょう?恥ずかしいでしょう?それを障害者の人だから、自然を満喫してもらう、ピクニック気分で楽しむ というのは、明らかにおかしいと私は思います。

ところがねぇ。
ご家族大喜びなんですよ。
本人さんたちも楽しかった様なので、まあ、仕方ないのですが、本人さんたちに一番難しいのは、羞恥心なんです。一般的な常識の羞恥心を教える事が出来たら、ものすごい事です。普通は獲得させられません。羞恥心がないから、つまり、障害故に獲得できないから、恥ずかしくない=楽しかった という事です。

親御さんも「お金のかかることよりも自然を満喫する方がずっと価値がある」とか言ってます。困ります。

でも、やってしまったものに文句をつけても仕方ないので、まあ、黙っていますがね。価値観の違いもあるでしょうし。
理事長にその話をしたら、「夜の公園で?弁当???」とあきれたように笑っていましたので、私の感性それほどおかしくないんじゃないかな と思っています。

障害者だから良い事 ってありません。
一般の人に良い事は、障害者の人にも良い事です。
一般の人が恥ずかしくてやらない事は、障害者の人にもやらせてはいけません。たとえ、本人さんたちが楽しく過ごしたとしても、です。

これ、障害者支援の基本だと思うんですが、いかがですか?
本人さんたちが楽しく過ごせれば、一般人が恥ずかしくてやらないような事でもすべきでしょうか?
夜の公園でお弁当を食べる というのは、一般の人も普通にやるちょっとした楽しみとして認知されているでしょうか?

こういう事には私は気をつけたいと思っているのです。
高級スーパーでお弁当を買おうと思ったのは、私たちでも「今日は面倒だし、でもおいしいものは食べたいし、そうだ、高級なお弁当を買おう」と言う事はあり得ると思ったからなんです。
牛丼屋さんには行ってもかまいません。店で食べてきて!で、散歩はそれから身軽になって行って欲しかったです。

次に私が夜勤のときはおかしなことはしないようにしましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック