bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



パラリンピックと夏バテ?
6日に開幕ですってね。

今回、初めて自覚したんです。
「パラリンピックは身体的な障害のある人だけのスポーツ大会だ」って。

精神障害者、知的障害者は視野に入っていないんですね。

実際に、知的障害を持つ方が冬季パラリンピックのスキーに出ているのを見た覚えがあります。私のうろ覚えの記憶では、「確かに知能指数?が知的障害者レベルに低いかどうか」検査があった様な…

今、パラリンピックの話題でもちきりですが、あまのじゃくな私はちょっと冷ややかな目で見ています。
オリンピックが超人的な人たちの戦いの場所、名誉をかけた場所である 事には異議はありません。

身体的な障害を持った人々がパラリンピックという形でご自分が持つ力を最大限発揮されることにも異議はないんです。

パラリンピックはいわゆる健常者で無い人全員の参加の為にある という風潮が嫌いです。知的に障害があったら、記録は争えません。だから、パラリンピックを「障害者の方のオリンピック」と位置付けないでほしいです。
「身体障害者だけのオリンピック」と称するなら、文句はありません。

精神障害者の方には詳しくありませんが、(本人は精神自立支援法の公費負担を使っていますから、まあ、一応当事者ですが・・・手帳は持っていないので、法的には精神障害者ではないでしょう。ワタクシは。)知的障害者の方にはプロですから詳しい訳ですけれど、彼らにもスポーツが好きな人、得意な人、勝ち負けの分かる人はいます。
勿論、知的に障害があるのですから、大記録は望めません。
地域で「地域パラリンピック」みたいなもの、運動会のようなものがあちこちで開催されていますよね。
それを「地域パラリンピック」と言うな!と思うのは、私だけでしょうかね?

知能指数的な能力が知的障害者の場合に健常者よりも「劣る」のは自明の理です。だから支援者というプロの職業があります。彼らが生まれもった障害は治癒しません。彼らのせいでも親のせいでもありません。単純な確率の問題です。どなたの子供さんが知的に障害を持つかは、神様だけが知っています。

では、知的障害者は健常者に比べて人間的な価値が劣るのか?どうもそういう印象を受けるのです。
パラリンピックは障害者のオリンピックというと、一見全ての障害を持った方が対象のように思われます。でも実際は知的障害者は同じ土壌で競えません。
だったら、障害を持った全ての人の為の みたいなきれいなキャッチフレーズ使って欲しくないです。

その、スキーだかの協議を見た時のうっすらとした記憶によれば、いわゆる知能指数が一定以上(数時で出てくるあれですよ。実態を把握できない知能検査の結果です。)の数値だったために失格になった選手もいたように思います。

身体的な障害は機械で測れます。でも、実際の能力は実は測れません。同じ障害度数の方でも困っている事は違う。支援の必要性も違う。比較的分かりやすい身体障害者の方でもそうなんですから、知的障害者の実際なんか知能検査なんかじゃわかりません。

とかなんとか考えていると、何となくパラリンピックの精神がぼやけて見えるあまのじゃくなワタクシです。

オリンピックは利用者さんと見ましたけれど、パラリンピックは見ないような気がします…

私の職場の相棒の家族に、身体障害を持った人があります。
ですから、これは私の個人的な感性であり、介護屋全員の意見の集約ではありませんですよ。
同じプロでもさまざまな意見を持った人がいて、結果として介護屋の業界が成り立っているのですから・・・




閑話休題


全然関係ないのですが。

6月下旬から胃腸の調子が悪いです。胃も腸も怪しいです。
私は十二指腸潰瘍の既往がありますので、あれは繰り返します。胃炎もしょっちゅう起こします。慣れてます。

なのですがね・・・

今回はちと長すぎます。
最初は夏バテ?と思いました。
2週間、1ヶ月経って改善しないので、かかりつけの内科で粘膜保護の胃の薬をいただきました。10日分。
さっぱり良くなりません。
しばらく放置していました。
でも、治らない。腸も怪しい。
かかりつけには行く時間がなくて、GHで利用させてもらっている内科と皮膚科をやっている個人医院に行きました。14日分、違う種類の粘膜保護剤をいただきました。
治りません。
だんだん食欲が怪しくなってきます。
食べると気持ちが悪いですし、痛いですし、食べられません。

やばいです。

もう一回行きました。
今度は胃酸を抑える薬も一緒に下さいました。
ガスター10ってありますよね?
ザンタックというのもあります。H2ブロッカーです。
頂いたのは、それじゃありません。
H2ブロッカーは1錠50円~100円弱。
頂いたのは、H2ブロッカーとは種類の違う新薬で(って、10年くらいは経ってますが、まだ、後発品はないです。H2ブロッカーもないですね。)パリエット錠と言います。1錠薬価で184円します。10ミリで。20ミリも一応あって、こちらは倍額です。184円ですよ!184円!どんな薬じゃ?

ちょっと調べてみたら、重度の胃潰瘍、逆流性食道炎、ピロリ菌の除菌などに使う、一日マックスで10ミリまでで、6週間しか使えない とあります。1日1回、10ミリがマックス?先生、2回処方しようとして、「まあ、とりあえず1回にしよう」と仰ったんです。

何事が起きているのでしょうか(^-^)☆?

なんだかとんでもないものを貰ってきました。

これなら症状は治るだろうと思って、数日前から決められた通りに飲んでいるのですが・・・

「さっぱり効きません。」

さて・・・・・

これは検査に行かないと駄目ですね。
医療職の友人がいるのですが、「これは駄目。長すぎる。すぐ検査!」と一刀両断のもとにたたき切られてしまいました。

今までの既往は傷みが激しいが、比較的短期間で自然に治ったんです。今回は私が年を食っているので、自然には治らないようです。
検査に行っている暇がないのですが、丁度平日に変な公休が出来たので、(そのあとえらい忙しいんですよ。)その日にかかりつけに行って、消化器への紹介状を書いてもらおうと思っています。

ねぇ?
だって、専門の胃潰瘍重度の為の薬貰っていて治らないってなんなんでしょ?傷みが激しいなら分かるんですが、激しくはないんです。ただ、もう3か月全然改善しないの。

みなさまもお仕事がら、体調管理には気を使われていると思います。こーゆー風になる前に医者には行かれてくださいね。

さっさと検査してもらって、とっとと治したいと思います。




少しは痩せるかな?


そういう事を言っている場合じゃないですね(^^;;

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック