bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



居酒屋さんに行きました。
私が行ったのではありません。利用者さんが専属サポートさんと行きました。コーヒーさんです。

コーヒーさんはほんの少々ですが、ビールが飲めます。好きです。でも、自宅などで居酒屋に行った事はありません。

じゃあ という事で、専属サポートさんと時々お出かけするのですが、季節に一回くらいは、サポートさんと2人でお食事に行きます。それを居酒屋にしたわけです。家族にも一応「居酒屋行きませんか?」と聞いたところ、「よろしい」と言う事になったので、昨夜、夕食代りに電車で居酒屋に行ってきました。

「コーヒーさん、今夜は○○サポートさんとご飯とビールに行くよ。」と伝えるともうルンルンです。
お酒を飲んで帰ってきて入浴も面倒だろうと思い、先に入浴して、居酒屋の開店時間には少し早かったので、近所で利用者さん全員で喫茶をして、それから颯爽と出かけて行きました。

…2時間半後…

元気いっぱいで帰ってきました。

様子を聞いてみるとかなり楽しかったみたいです。

コーヒーさんは言葉はありません。単音程度です。
ごくごく単純な短い言葉は発することが出来ます。
「ハイ」くらいかな?
あとはジェスチャーと単音でコミュニケーションしますが、実はこちらからの働き掛けは言語で十分に通じるのです。

居酒屋のメニューがありがたいのは、写真つきです。
なので、サポートさんが「これはどう?」「こっちは食べる?」などと聞き、彼はオッケーやら、嫌だやらの意思表示が非常に明確なので、(言葉なくてもそういうの表現できるんです。表情とかね。「あ~~~~!!」と嫌そうな声を出すとかね。)何と!全部自分でメニューを選んだそうです。

一番食べたかったのが餃子らしいです。
お母さんに伺ったら、餃子は好物だとか。

ビールが好きなのですが、残念ながら一気のみなので~。少量ずつ2~3回に分けて、全量でコップ1杯程度飲んだそうです。でも、真っ赤になっちゃいます。

居酒屋の料理は一品ずつ出てきますから、一般の献立と違って、どこが終わりだかよくわかりませんよね?
定食ならトレーの上のものを食べ終わったら終わりですが。サポートさんが、ちょっと「終了が分からなかったらどうしようかな?」と考えたそうですが、頼んだ料理が空になり、サポートさんが小皿などを片づけ始めたら、終了がわかったらしく、さっさとレジに向かって歩いて行ったそうです。

笑ったのは。

本人、もう少しビールが飲みたかったらしく、空のビール瓶をさかさまに振って、水の入っているグラスに2滴くらいおとして飲んでみたそうな。
で、帰り道はテンションあがってますから、走る!走る!酔いがまわる事は理解できません。サポートさんが必死に止めてくれたそうで。

帰ってきて、自分の夕食は終わったことが分かるかな?と思ったのですが、(普段外食する時は全員一緒ですから、わかります。昨夜はほかの方は丁度食事中でした。)ちょっと自分の席に座って見て、それから「歯磨きして」のジェスチャーをして、歯磨きが終わるといつもどおりの行動で、さっさと自室に行ってマイペースで過ごしておりました。

ファミリーレストランはご家庭でも良くいくと思いますし、GHでも全員一緒の時は、定食屋とか、ファミリーレストランが多くなります。費用やら、簡便さ、好みの調整などを考えると、マニアックな店は全員一緒は無理です。

だいぶ前にお母さんが自然食命!の殿様が、別の駅のそばの自然材料100パーセントの蕎麦屋に行った事があります。
ワンピースさんはお子様ランチ的な味覚から卒業していないので、2か月に一度くらい、大好きな温泉ランドに行って、その帰り道にファミリーレストランでオムライスを食べています

のんびりさんが今、課題でして、のんびりさんは、代謝が非常に悪く、成人病満載の方なのです。勿論べらぼうに太っています。GHに来てから10キロ落としたのですが、さまざまな難しい事があり、夏休みで自宅に2週間居た間に3キロ太って帰ってきました。2年近くかけて必死で10キロ落としたのに元の黙阿弥です。太るのは一瞬、太ったら今度は痩せません。
ご家庭の古くからの決まりで、自宅では揚げ物などは食べない決まりなのですが、外食の時は好きな物を食べて良いという事になっています。ですから、彼はサーロインステーキとか、ミックスフライとか、空揚げ、とんかつなどをたくさん食べたい訳です。
その希望をかなえるのは、彼の成人病の悪化につながりますので、非常に難しい。
かと言って、彼だけ外食は無し、にするのも気の毒です。
全員一緒の時なら、適当にわれわれが彼の頼んだ高カロリーな食事を「頂戴」と食べてしまう など、対策できますがね。

とまあ、こんな具合で、殿様、ワンピースさん、と来て、第3回目がコーヒーさんでした。コーヒーさんは成功だったようなので、今度はのんびりさんを何とかしなくちゃいけませんね。

自宅でも気をつけておいでなのですが、週末に必ず本人の兄弟姉妹がつれあいもつれて、娘、息子(本人から見ると甥、姪です)全員集合で会食をするのです。
毎週必ずですよ。
何があっても、お連れあいも、甥、姪も全員です。
これ、ちょっと一般家庭にしては「おかしい」と思いますが、家族の絆である という事で、何十年と毎週欠かさず続けておられます。

そういう時は、普通は大皿で料理が出ますので、少ししか食べていないつもり、食べさせていないつもり、で、実は大量に食べてしまうものです。だから、家庭にいるとやせる事が出来なかったのですね。

その中でやっとの事で減らした10キロ、しょうがないです。本人は自覚できませんから(知識としては知っています。病気があるから、いっぱい食べてはいけないんだ という知識はあります。実践は無理です。知的に重度の障害があるのですから…)何とかストレスを感じさせずに減量させるかにいつも心を砕いているのですが、あっという間に戻してしまうものなんですよね。

ご家族は仕方ありません。
特に高齢のご両親です。
今さら価値観も何も変更できません。GHが頑張るしかないのです。

その中でどう、外食をサポートさんと2人で楽しんでもらうか、これから一生懸命考えようと思います。

しかし。

この試みはなかなか良い試みのようで、利用者も楽しんでいますし、それなりにいろいろ学習してきます。
頼もしく思っているのも事実です。

真剣に考えよう。のんびりさんの外食(^-^)☆
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック