bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



祝 ケアホーム設立
詳しい事は何も存じ上げないのですが、私の拙いブログを読んでくださっている同業者の方のご勤務先で、ケアホームの前哨戦の様な事が実現されたそうです。

この業界、昨年度ですか?14万人が離職したとか、転職したとか。人材不足を補うために、インドネシアから先日、介護版じゃぱゆきさん のようなお立場の方々が来日されましたし、安くて大変で休めなくて汚くて と言うのが、介護屋の定番みたいな印象があるようですけれど。

こんな暗い話ばかりの中で、新設のケアホームのお話を伺うとうれしくなります。
さぞ、いろいろなご事情の中、みなさまが奮闘されての実現だろうとお察ししますが、介護はどなたでも利用できる権利です。どうしようもなくなった人をうば捨てする先が介護なのではない事が、いま一つ広まっていない印象を持つのは私だけでしょうか?

どなたでも利用できる権利なのですから、どんな方でも等しくサービスを受けられるはずですし、その担い手は等しく対価を得られるはずなのですが、現実は介護版じゃぱゆきさん みたいなお立場の方に国が頼っていますよね。

または、介護現場を嫌って、上級職として書類を相手にする資格者の仕事だけをしたがる若い方も増えています。
年配の資格者の方には「現場は資格が取れなかった人、技術の無い人がやるもの。まともな介護の仕事は書類の仕事」と言う方もあります。現場軽視の方ですね。

実際は、書類作成も現場もみな、等しく必要なのです。どっちがえらいとかありません。私は生涯現場の介護屋で終わるつもりですが、現場だからと言って、書類1枚書けないから ではないですし。支援計画私が立ててます。保護者やら、事務所やらとの連絡調整も私一人でやっています。書類書きの方に比べて、現場の介護屋が劣ると言う今の風潮嫌いです(^-^)☆

介護版じゃぱゆきさんたちは、数年以内に介護福祉士の資格が取れないと、強制的に帰国させられるんですよ。永住権は取れません。その場しのぎに国力の差を利用して外国の方たちを良い様に使っている と言われても仕方ないと思います。

こ~んな手も足も出ないような現実の中で、新しいケアホームが立ちあがったというお知らせをいただいた時は、本当にうれしかったです。これでまた、何人の方か は存じませんが、正当に権利を行使できる方々が増えました。能力がない人に情けをかけるのが介護ではありません。人は皆、等しく権利、責任を持っていますが、欠損のある方もおられるのです。欠損は、何かの形で補わなければ同じ人間として同じ土壌で幸福に暮して行けません。

だから、介護はプロの仕事なのです。
ボランティアさんもありがたいですけれど、本来はボランティアさんに頼るべき事ではありません。
家族介護は愛情ではあるでしょうけれど、本当はご家族の為にも、ご本人の為にも、弊害がかなりあります。
プロの技術を使ってほしい といつも願っているのです。

新設ケアホームの利用者の皆様のこれからのご生活に心からエールを送りたいと思っています。

おめでとうございます(^-^)☆

働く皆様も、良い環境で働けると良いですね。
頑張りましょう!
お知らせありがとうございました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック