bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



再会
今、昼食を食べて店を出ようと思いましたら。

店の出入り口で、障害者の方と支援者の方のグループとすれちがいました。

お一人の当事者の方を見てびっくり!

10年近く前、私が初めて知的障害者の方々が暮らす自立寮に非常勤で入った時の利用者の方でした。

その方は言葉はないんです。「~さん?」と声を掛けたら、こちらを振り向いて笑顔を見せて下さったので、覚えていて下さったのかも知れません。とてもお元気そうでした。

職員さんが、私の名前やどこに勤務していたか、等を聞いて下さいました。ティータイムに来られたそうです。

私が措置の時代に勤務していた、その自立寮が無ければ、今、私はこの仕事をしていないでしょう。

場所は勤務していた場所とは少し離れた所でしたが、確かにその方がティータイムに来られてもおかしくない所でした。

こういう再会はとても嬉しいものです。この仕事をしていて良かったと感じる瞬間です。

幾つになられたかな?当時は20代でしたから、30代になられましたね。きっと。

また何処かで再会したいものです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック