bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



蕎麦店で
今日は一日中眠っていました。10日ぶりの休日余りに疲れが出たようです。

と言う訳で、夕食を食べに家内と出かけました。
近所の蕎麦屋さんです。

私たちが座った後ろの座席にどうも声の様子から、知的に障害を持たれた方が、ご家族と食事に着ておいでの様子でした。私の後ろ側の座席で、家内の正面です。

声の様子などから察しますとそれほど高齢の方ではないようです。男性でした。たぶんですけれど、障害の程度はいわゆる重度かな?という感じ。最重度ではなさそうでした。

まさか振り返ってみる訳にも参りませんし、家内と話題にするわけにもいきませんから、淡々と食事をして、そのご家族が先に帰る時、お母さんと思しき方が、家内に声をかけました。「すみません。知り合いの方に似ておいでのようで」

???

この???は私です。何が何だかわかりません。
そのご家族が帰られてから家内が言うには。
「あの人(たぶん知的に障害を持っておいでと思われる方ご本人)は、あんた=私ですね、を知っているみたいよ。」と。
うちの法人の利用者の方、数十人しかいませんが、その方々を思い起こしてみても思い当たる方がいません。ご家族もかなり知っていますが、お母さんらしき方の声も思い当たりません…
でも、家内は、「間違いなくあんたを知ってる。」と言います。
私に声をかけようと手を伸ばしていたそうです。
という事は、ご本人は私をご存じ?

一つにはたとえば仕事で作業所に利用者さんを迎えに行く事があったりします。
たとえば、イベントなどで作業所を訪問したりすることもあります。
また、法人のイベントでたくさんの方が集まり、その中には事業所をまだ利用されていない方がおられたりもします。

そんな中でどこかで私を見たのかも知れません。

他には、余り考えにくいのですが、いわゆる専門職だとその方が察知したという事も考えられない事はありません。人間の能力は平等なものでして、われわれ一般人とか、健常者とかまあ、便宜的に言いますが、障害を持たれた方の能力が我々よりも低いかと言えば、そんな事はなくて、勿論学力テスト的な能力は難しい方が多いですけれど、動物としての能力にはものすごいものを持っている方、たくさんおいでです。

ちょっと話がそれますが、GHのコーヒーさんは、低気圧がわかります。来る前からわかります。低気圧がつらいのです。ですから、カンカン照りにに太陽が出ていてもすぐそばまで低気圧が来ている=天候が荒れる寸前、は、コーヒーさんの様子を見ているとすぐわかります。歩く天気予報みたいなものです。

カレンダーが全部頭に入っている方もあります。
何年何月何日 と申しますと、一瞬で何曜日かわかります。一説によれば、ある一枚のカレンダーの絵が焼き付いていて、そこから一瞬でリンクして飛ぶらしいです。超能力ではありません。名前を忘れましたが、何とか症候群と言う、一種の障害です。

ジグソーパズルの1,000ピースを1時間で仕上げてしまう方もあります。我々は絵で確かめていきますが、その方は、微細な形で一瞬で判断されているようです。

とまあ、人には無限の能力があるので、その方が「こいつはいわゆる支援者らしい」とわかった とか、「こいつは見たことがあるぞ」とわかった としても、何ら不思議はないのです。

ちょっと思い当たる方はあったのですが、場所的にその方のご家族が来る場所の店ではありませんでした。ご家族構成もちょっと違う。今日の方はご両親らしき方々とご本人の3人で来ておられたのですが、思い当たる方は、お父さんが他界されています。でもねぇ・・・ひょっとするとお母さんはお母さんだったけれど、お父さんに思えた方は、たとえばご親戚 という事もあり得ますしね。何となく場所的には合わないんですけれど、その方かなぁ?と思ったりなんだり・・・

家内が申しました。「今度は違う駅の店に行きましょう」と。
余りにしょっちゅうあちこちで利用者さんやら、ご家族やらに出会うものですから、ちょっぴり嫌みたい(^^;;
まあ、家内にすれば、全然未知の世界ですから、それも仕方がありません。私は地域の中で(私の住まいは私の事業所が展開している地域のど真ん中のとある駅のまん前です。誰に出会ってもおかしくない場所に住んでいます。)利用者さんと出会ったりするのは別に困りませんし、立ち話くらいしますし、お互い楽しいのですが。

とはいえ、悪い事はできそうにないですね。
誰かに見つかります(^-^)☆

先日も車いすでお出かけをした利用者さんのお父さんに初めてお目にかかったら、絶対に私の知っている方で、どこかの作業所の職員さん?送迎の方?などと思っていましたら、数日後に判明しました。
私が数年来ガソリンを入れているガソリンスタンドの店員さんでした。
ガソリンを入れに行って、「あ。ここの店員さんだ!」と気づいた時にはお父さんが「まいど!」といつもどおりやってこられて「ありゃ!」と言う事になりました。

さて。本日私に声をかけたそうだった方はどなただったのでしょうか?
間違いなく知っている利用者さんでしたら、こちらから声をかけますけれど、不確かな時にはやはり声はかけられません。特にご家族とご一緒の時には気を遣います。

何でこんなにしょっちゅう出会うんだ?とお思いの方もあると思いますが、障害を持つ方 と言うのは一定の確率でだれの責任でもなくまんべんなく生まれてくるのです。ですから、「障害者なんて見た事がない」という方でも、どこかで必ず出会ってます。私たちは専門職ですので、その方が知的に障害がある方か、精神的な疾病を抱えている方か、アルコール依存の方やら、薬物中毒の方か(アルコールと薬物の見分けはつきませんがね。)身体的な障害のみの方か などはほぼ一瞬でわかりますが、一般の方にはわかりにくいかも知れません。特に障害の軽い方はわかりにくいですので、気づかない事もあるでしょうね。

それにしても不思議な出来事でした。
誰だったのかなぁ…?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック