bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



すかいらーく
理不尽な事件があったそうですね。なくなられた方のご冥福をお祈りしたいと思います。

少なからず驚いたのです。店長さんが契約社員なんて!正社員の課長さんクラスだと思っていました。

私は隙間ニーズの介護屋なので、運良く正規職員です。事業所はこのご時勢に今月分から非常勤さんにも賞与を出す事を決めました。私達の宿直手当ても時間あたり500円ですが、上げてくれました。

但し。

当事業所で非常勤さんになるのも容易ではありません。常勤なら尚更です。スキル+夜勤、不規則、休暇の少なさ、をこなしていかねばなりません。非常勤になりたい、常勤になりたい登録さんも居ると思いますが、労働環境が過酷なので、なかなかなり手がありません。

しかしながら、雇用主の考えひとつで労働条件は激変します。隙間ニーズの介護屋の労働条件をアップ出来るのですから、一般企業なら出来ると思います。

家内も特殊なスキルの専門職なので、企業雇用は諦めて自営の形で不安定な仕事をしています。

何とかならないのでしょうかね?

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック