bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



介護職集会
テレビのニュースで、高齢者の介護職の方々が報酬アップを求めて集会を開いている様子を見ました。

ある発表者の方が訴えていました。

「月に5~6回夜勤をやって、20万円程度しか貰えません」


私達、自立支援法従事者は、そんな好条件には恵まれていません。

私なら「月に12~13回夜勤、週休は1日だけで、20万円程度です」と発表しなくちゃなりません。

道は遠そうですね~

高齢者施設福祉従事者は、介護職の中では、一番条件の良い人達です。彼らが今、大量に施設を退職しています。施設介護が成り立たなくなってきているそうです。

私達地域日常生活支援者は、条件が悪いからと簡単に退職は出来ません。今、目の前に明日から生活出来なくなる利用者が居るからです。

どんな人も人を助け、支援し、いつかは自分も助けられ、支援を受けます。

みなが安心して生活出来る社会になって欲しいものです。

私自身は、高負担高福祉の社会を望みます。社会的弱者には配慮するとして、ですが。消費税もっと高くても良いと思います。

措置から自立支援法になっても、成長していないのかも知れません。



ホームの利用者宛に、先日「年金とくべつ便」が来ました。かなり驚きました。年金収入しかなく、生まれた時からお上に管理されている方々の年金の記録が抜け落ちているんですよ!

我々従事者の待遇がどうこう、と言うのは、まだまだ実現は遥か遠くにある事は間違いありません。

自分が現役で居る間に改善があれば良いな。

お上は阪神淡路大震災の時、只で働く便利な労働力に味をしめました。災害ボランティアです。ボランティアとは、無料で責任を担う便利な労働力ではないのです。

そのあたりから気付いてくれないとダメですね~

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック