bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ワンピースさん
K3200002.JPGそう言えば、しばらくワンピースさんの記事がありませんでしたね。

先日ワンピースさんは、数年振りにホームから床屋に行きました。

自宅からも地域の床屋に行っていたのですが、店長さんが変わったら、拒否されて行けなくなってしまったそうです。実に許せない事です。ワンピースさんは、声を出す特徴があります。それで新しい店長さんが拒否したそうです。

ワンピースさんは言葉で表現するのが、豊かなのか、乏しいのか、判断が難しいのですが、嫌な体験は覚えていて、不安定な時にそれが言葉に出ます。

例えば『床屋さん行くよ~』と、変なテンションで叫ぶ、と言う不安定さです。そういう時に出る嫌な言葉が沢山あります。

が、観察したところ、その事柄自体が耐えられない苦痛、と言う事ではない様子。嫌な時に使う言葉が嫌な体験をした事がある言葉、と言う様子なのです。

それからワンピースさんは、言葉での予定把握が出来ます。1週間くらいは記憶出来ます。あらかじめ伝えておけば、心の準備をしています。習慣も覚えます。

だから前の日に『明日は床屋さんに行くよ』と伝えて、当日は『床屋さんに行ってかっこよくなっておいで』と送り出しました。

コーヒーさんも、そこの床屋に行って居ます。彼は床屋さん大好きなのですが、ちと難しい点があり、省略バージョンで少し安くやって貰っています。そこの床屋さんは理解が深く、毛先を揃えるだけ、みたいな事から対応してくれます。手間が掛かる割には安い料金しか取れない事をしてくれます。だから、コーヒーさんは楽しみに
床屋さんに行って居ます。

で、ワンピースさんですが。
実は一般のコースで出来るんです。帰って来て相棒にその事を聞いた時は、正直驚きました。だって、嫌な時に出る言葉のひとつが『床屋さん』なんですよ。

実にかっこよくなって帰って来て、みんなびっくり!です。いわゆる障害者カットにはしたくなかったので、付き添いした相棒に頼んで、『あなたが思う若い人の普通のカットにしてきて』と言いまして。

出来上がった頭は写真の通りです。奇抜な頭じゃありませんが、なかなか良く似合います。

ワンピースさんは二十歳です。これからどんどん伸びていくでしょう。それを楽しみに良い支援をしたいと思います。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック