bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



シンポジウム
今日は月曜日。ちと忙しいので簡単に。

土曜日に事業所の主催でシンポジウムがありました。『私の夢をかなえるぞ!』事業所のサービスを利用して、ケアホーム、グループホーム、一人暮らし等をしている方々をシンポジストにして、生活の様子を写真付きで紹介しながら、ご本人に色々話をして頂き、最後に将来の夢を伺うと言う趣向でした。

うちのホームからは、のんびりさんがシンポジストになりました。のんびりさんの手帳の度数は重度です。障害程度区分は5に近いですが、一応4です。

立派にシンポジストを務めました。

勿論知的にかなり障害のある方々にシンポジストで話をして貰うには物凄い準備が必要です。司会は事業所の理事長が務めて、上手に話を引き出しました。

私は介助人で、二人のシンポジストの方の後ろでアドバイス係。

結論としては大成功でした。シンポジストの方々、実に楽しそうに自信を持って話をしてくれました。のんびりさんも理事長の話術で大笑いしながら楽しそうに話しました。

こういうイベントは良いものです。準備に追われた常勤職員の一人は高熱で倒れてしまった程大変だったのですけれど。

夢はお一人3つずつ出して頂きました。引き出した理事長には感服します。

のんびりさんの夢をご紹介しますね。

新幹線に沢山乗りたい
唐揚げと豚カツを沢山食べたい
加藤茶(ドリフターズのかとちゃんですよ)に会いたい

の3つでした。

新幹線は実現早いと思います。
唐揚げと豚カツは、誕生日に出しましょうか。糖尿病なので、普段は出せません。
かとちゃんなんですが、こぶちゃバンドのコンサートなんかが無いかなあ?と思っています。
出来れば楽屋に入れてやりたいですが、それは無理そうなので、前の方の席で観覧したいですね。

夢は実現してこそ、夢なんです。

他にも利用者の方々は沢山おられます。皆さんの夢を実現していきたいと思います。


そう言えば。

『他に夢を話したい人?』と理事長が発言しましたら、コーヒーさんが元気良く手を挙げました(^-^)

聞きましたら『コーヒーが飲みたい』のアクションでした。コーヒーさんなりに『やりたい事を発言したい』と思ったのですね。

コーヒーさんは、休憩時間に無事にコーヒーを飲みましたよ。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック