bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



訃報
正確には訃報じゃないんですが。

数年前迄、私は流れの介護屋でした。その頃お世話になっていたある事業所があります。身体障害者の方の在宅支援を主に行う事業所でした。私は当時アルバイトでしたが、都合5~6年在籍していたと思います。

70代の1種1級の脳性麻痺の在宅一人暮らしの男性がおられました。40代迄施設に居て、在宅に出たそうです。当地方の身体障害者の仕事をしている者なら、誰でも知っている様な方でした。私が伺う様になった頃は既に寝たきりでしたが、若い頃から権利闘争に参加され、当時の厚生省にも度々集団交渉に行かれた方です。

生まれが昭和8年。戦争の頃が小学期。勿論学校には行っていませんよ。

この方から、身体障害者支援とは何かを随分学びました。

今年の冬、静かに他界されたそうです。たまたま当時のコーディネートさんと連絡を取る必要があって、知りました。

この方が良く言っておられたことがあります。

障害はしょうがない。

我々が言うのと、当事者の方が言うのでは意味が違うのです。

ご実家は裕福なお医者様だったそうですが、最期迄頼る事なく、自立して在宅生活を貫かれました。凄い方だと思います。

前日の夕食を召し上がり、泊まりのサポートが泊まり、翌朝のヘルパーが伺ったところ、意識がなかったとか。そのまま静かに他界されたそうで、コーディネートさんは、大往生でした、と言っておられました。

障害があるから物理的に不能な事は沢山あります。でも、己を貫き、尊厳を持って生きる事は、誰でも出来る筈です。勿論、今のうちのホームの利用者さんも、です。

我々支援者は彼らが主体的に人生を送る事を実現する為の手足に過ぎないんです。だからスキルが必要なんです。

私は現場の叩き上げですから、綺麗な手をした上級国家資格者の方には懐疑的です。資格者が悪いとは思いません。ある方が良い事はまちがいないでしょう。でも今の上級国家資格者の方には綺麗な手を絶対使わないで書類だけ書きたい人が増えているのです。

現場にはアルバイトさんが増えて、プロが定着しません。

行政の在り方にも私はかなり懐疑的です。
ひとつの時代が去った気がします。その方に学んだ事はこれからもきっと忘れないでしょう。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック