bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日はぼろぼろです。
明けで、午後から別の在宅の利用者の方の散歩の仕事が3時間ありました。この方は、3時間ぶっ続けで歩く方です。もちろんサポーターたる私も3時間ぶっ続けです。

慣れた利用者の方で、気楽なのですが、結構な年配の私には体にガタが来ます。

ワンピースさん入居以来、試行錯誤なので、毎日がもう戦争です。

おまけに今朝は殿様が朝、トイレを失敗してくれました。面倒で行かないでいるうちに、間に合わなかったようなんです。起こしに行ったら、ズボンなど全部脱いでしまって、布団の中でしゃーしゃーと寝ています。排便もあったので、シーツやら、本人やら、パジャマ(これはびしょびしょです)やらがえらいことになっていて、そういうのを朝やられると、結構時間配分に苦労します。

本人に文句は言いませんけどね。
間に合わなかったものはしょうがない。

昨夜は昨夜で、ワンピースさんが、夜中まで『自己刺激』と言うヤツをやってました。
簡単に言うと暇だとか、今の状況から現実逃避したい と言うような時に、ある障害特性を持った人がやりがちな、悪い習慣です。

ワンピースさんは、かなり力(腕力じゃないですよ。知的な能力のことです。)のある方ですが、正当な評価をされてこなかったようで、悪い二次的障害が山ほどあります。

GHに入居したと言う自覚が持てるわけではないので、昨日は自宅で抵抗してきたようなのです。
「それがないと寝られない」と言うお気に入りグッズがあるのですが、持って来ませんでした。多分、「GHには行きたくない」という気持ちから、力ずくで家族にかばんに入れさせなかったのだと思います。
そういうところは知的障害のある方で、かなり重い方ですから、幼稚です。

でもGHには普通に来まして、夜になりました。
お気に入りグッズはありません。
家においてきたことは本人、分かっています。
不満です。

だから、自己刺激 と言いますが、わざわざ自分が興奮するような言葉を言ったり、走り回ったり、自傷をしたり という行動をする人たちがいます。みんな自己刺激です。

ワンピースさんはいわゆる「声だし」型の自己刺激。

自分で止められる方も在るのですが、昨夜はワンピースさんは辞められる人かどうか ちょっと様子を見よう と思って、じっと様子を伺っていました。
結論としては、一度自己刺激を始めると、自分ではまったくとめることが出来ませんでした。
実に5時間やってました。
さすがに深夜になり、叱りました。
「ワンピースさん、うるさいよ」「タカヤマさんは寝ます。ワンピースさんがうるさいと寝られません。」「ワンピースさんも夜だから寝ます。」なるべく単純な言葉のほうが通じます。

2~3回繰り返したら、だんだん声が小さくなり、1時間たたないうちに眠りました。

この方は、今は、止めなくちゃ止まらない。
しょうがないですから、今は止めることにしました。
だんだん自分で何かきっかけを見つけて止められるようになればそれが一番良いのですが、今までそういう視点(つまり障害特性ゆえの生き難さを踏まえての支援)を受けていないので、野獣の一歩手前まで来てしまっています。

ですから、私も深夜かなりの時間まで眠れませんでした。

どたばたの朝が終わり、一度自宅に戻って寸暇の仮眠をして、3時間のお散歩に行って、用事があったので、事務所に行って打ち合わせをして、GHの経費が足りないので、それを届けに行って、また、相棒と打ち合わせをして・・・

今、神経がパンパンに張っていて、おまけに体中だるくて、痛くて、身の置き所が無い という感じです。

こういうときは眠れません。
でも寝ないと明日の夜勤が出来ませんから、本当に困ります。

法人も利用者さんも悪くないです。
支援者がこれほどいないのは、晴天の霹靂ですので、やっぱり厚生労働省のお話だろうな と思います。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック