bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



港にお出掛け
今日はガイドヘルプでした。グループプランと言いまして、集団で目的地を決めて行きます。利用者の方が発案して、ヘルパーが付き、行きたい利用者の方が申込みをして参加します。一応発案者の利用者さんがリーダーです。

実際はリーダーさんでは仕切り切れないので、リーダーさんについたヘルパーが実質的には仕切ります。

私は参加者の方の付き添いでした。

かなり遠くですが、湊町があり、中華街があります。そこで中華料理を食べて、観光しようと言う訳ですね。

グループプランの場合は、私は必ず回りのヘルパーに声をかけて、例え少しの時間でも集団行動します。じゃなければグループプランの意味がない。

今日も二人のヘルパーに声をかけて、6人で行動。の積もりが、利用者さん一人が同じ店でお昼を食べたいと言う事になり、8人に。

みなさんでわいわい食事をしてから、遊覧船に乗りました。乗り場に行くと、又一人の利用者さんがヘルパーと来ていて、10人に。

船内もわいわいがやがや。担当利用者は決まっているのですが、利用者さんは自由にヘルパーの間を行き来されますから、ごちゃごちゃです。

これがグループの醍醐味でしょうね。

男性の利用者さんは、まあ大抵女性のヘルパーにくっつきます。逆も同じ。利用者さん同士の交流も多少は生まれます。

写真は(付くかな?)学生時代同級生同士だった、利用者さん同士です。

向かって右側の方は聾の方。左の方はうちの事業所で一番障害が重い方。

お腹がいっぱいになり、遊覧船の中で眠くなった左の方に右側の方が肩ん貸してあげているんです。右側の方、優しい方なんです。

で、わいわいがやがやと半日を過ごしてもより駅迄帰って来ました。

2枚目の写真は食事中。(ごめんなさい。写真はつきませんでした!)


明日はかなり障害の重い方ですが、一人暮らしの方とボーリングに参ります。こちらの方は知的にも重いのですが、盲の方。口が悪いのがたまに傷ですが、障害が重いから一人暮らしは無理と言う事はないんですよ。

ボーリング場にも視覚障害者の方の為の補助器具はちゃんとあります。

私はへたくそなので、負ける様な気がします…



でも。

やっぱりGHの仕事の方が好きかな。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック