bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



トライアルさんは一旦帰宅しました。
当事業所では、トライアルさんは、2週間にわたって、最初の週は2泊、次の週は3泊していただき、検証をして、契約、しかるべき時期から入居 と言う感じの流れになっています。

第2弾のトライアルさんは、ほぼ決まりそうです。

たった5泊なのですが、我々世話人もいくらか見る目が出来てきまして、その方の当面の課題や支援の重点ポイントなどは5日あればほぼ把握できます。

この方は、かなり難しい家庭環境に在った様で、難しい事が沢山あるのですが、基本的にはGHで環境を整えてあげれば、まだまだ十分に間に合い、かなり飛躍的に本人さんの暮らしやすさは改善できると思います。

障害名でその方を見る事は余りしたくないのですが、この方はかなり典型的な自閉症の方です。
例によって自宅に居た為に障害程度区分が軽すぎるケースで、入居されてしばらくしたら、認定調査はやり直しでしょう。今、3なんですが、どう考えても5なんです。でも、若いので、適切な支援を入れれば、かなり早い段階で4には出来るかも知れません。若いと言う事は、それだけ可能性が広いと言う事です。
早く本人を自立させて欲しい と私が書くのは、そういう面が沢山あります。家族では難しい事がプロが入れば出来ると言う事が沢山あるのです。それは愛情が無いから ではなくて、家族だからこそ難しいのですね。我々はプロですので、家族には愛情を注いでもらい、我々はプロとしてその方の世界が広がるような工夫が出来ます。
特にこの方は、ご両親が既になく、大変高齢のおじい様が主たる介護者ですので、逼迫しています。おじい様が難しい事になったら、もう生活する事、生きることが出来ません。

うまく行くと良いな と思っています。

昨日この方について、事業所の理事長と会議をしました。
結論としては、「大丈夫だから入居させて下さい」です。
今の利用者に多大な不具合が生じる相性の悪さなどが目立てば人間関係なので難しくなってしまうのですが、幸いにして?本人さんは他人には無頓着、今の利用者さんは、年齢が今回の方の倍以上なので、お兄さん感覚を持っていて、「あ。若いのが来たな。煩いな。まあ、しょうがないか。」と言う感じなので、何とかなるでしょう。

かなり特徴的な事が見られて、「ああ。こういう事は起こり得るな」と思うことが沢山・・・

人間、悪い事はすぐ覚えます。
で、怒られる。
嫌な事が増えていく。
嫌な事をさせるためや、本人さんの不安定化を防ぐ為にわがままを聞いてやってしまう。
助長する。

こういう事が知的障害者の方の教育に失敗すると良く起こります。

今回の方もそういう行動を良く取ります。

ここで肝心な事は、「一回その嫌なことだけれど、必要な事をやる」と、支援者が行動する事にしたら、的確に本人さんに伝え、伝えた後に実行しなくてはいけません。
時々散見しますが、本人さんに伝えずにいきなりやる、本人さんが激しく嫌がり抵抗する、「じゃあ、次はやるんだよ」などと支援者が諦める と言う様なことがあります。

これ、最悪です。
本人さんは、「ごねればやらなくて良い。」「この支援者はごねれば言う事を聞く」と言う事を学習して行きます。
これが続くと立派な社会に参加できない強度行動障害者が出来上がります。
『これは支援者のせいです。』

今回の方も生活に必要な清潔などが全く受容できません。
形だけはやることも在るのですが、本人さんは5ですから、的確には出来ないです。当たり前。そこに支援を入れると嫌がる。嫌がるので、「やらないようにしていた」と言う様なことが在り、通院して改善しないとどうにもならない事が沢山あります。

通院勿論大嫌いです。
良くない生活習慣の結果、悪化した状態ですから、治療も少し負担があったのかも知れません。
やらないので、悪化する、悪化するので、通院を嫌がる、嫌がるので、行かない、益々悪化、更に嫌がるの繰り返しですね。

こういう方には一発でやってあげないと受容出来る様になりにくいんです。
で、イヤなのは本人のわがままではなくて二次的障害ですので、受け入れたら『褒めなくては駄目。』。

ちょっと前に通所先の支援者の方がおかしな通所バスへの添乗をしてきて参ったことがありますが、同じ様な事が日常茶飯事のようです。

家庭で出来ない事を通所先に依頼していることが沢山あるのですが、通所先では「かなり嫌がるので、月に一度だけ(スパンはそれぞれですが・・・)実行しています」と言う感じで・・・

それらは毎日行うべき事、毎週行うべき事だったりします。

本人さんが嫌がるので、月に一度にすれば、状態が悪化しますので、益々回復させるのに手間隙が掛かります。抵抗しますから、完全に回復させられません。結果、通院してどうこうと言う話になるのです。状態も悪く痛みなどが現在伴っている と思われることもかなりあります。痛いので、触れさせない、触れさせないので、悪化 ですね。

先日爪切りをした話は書きましたかね?

爪を見たら鬼の様に伸びている。
で、切りました。
本人に引導渡して切る訳ですが・・・
手の爪は切らせましたが、足の爪を切ろうとしたら、パニック的な声を出します。暴れます。
ここで引き下がったら、私も「パニック的な声を出したり暴れたりすればいう事を聞く支援者」になってしまうので、「爪、切るよ。切りますよ。」と引導渡しながら、切りました。暴れますが、危険なほどは暴れません。様子見ながら暴れています。かなり分かっているんです。

要するに私たち新しい支援者を試している期間なのですね。
試していう事を聞く支援者だったら、拒否しようと思っているわけです。
勿論明確にそういう思考が働いている訳ではありませんが・・・結果としてはそういうことです。

ですから、必要だけれど、大嫌いでやらせない事も、「この支援者には暴れても通用しない」事を伝えていかねばいけません。
で、こればっかり書きますが、「実行させたら褒める。場合によってはご褒美を提供する」などが必要です。達成感があれば人間だれでも頑張れます。

爪切りのときも一応全部の足の爪が切れたので、「頑張ったねー!偉かったねー!さあ、コーヒーを飲もう!」(本人さんコーヒー好き。家庭では体に悪いので余り与えたくないようですが、そのうち、コーヒーに頼らなくても出来る様になりますので、心配要りません。コーヒーさんがそうでした。今では大して飲みません。最初はコーヒーを使って色々必要な事を実行していたのです。)と、大好きなアイスコーヒーを作って一緒に飲みました。

本当に本人さんの為になること、必要な事、未来が広がる事、は、受け入れられるようにしていくのが私たちプロの仕事です。
嫌な事を無理やり押し付ける訳ではありません。
たかが爪切りで大暴れしていては、生活していけないでしょう?
足が不潔なので、白癬もあるようです。どう見ても白癬にしか見えません。
そこに至るには、風呂で生活が保てて居ないからなので、因果は巡って、本人さんが暮らしにくくなっているのです。

暮らしやすく楽しく自己実現して生活してもらうのが、GHの役割です。

そして、住み慣れた地域で、仲間と交流しながら、地域住民としてその場所で平穏に本人が希望する生活を実現していくのが我々地域日常生活試案者の仕事です。

これから色々な問題が勃発すると思いますが、私たち世話人は「今、入居してくれて良かった」と思っています。(契約はまだですが、ほぼ決まるでしょう)今ならまだ間に合います。この方は通所更生施設に通所していますが、かなり近い将来、作業所に移行させる積りです。作業所ならば工賃が出ます。工賃によって本人の希望を生かした生活がより実現しやすくなります。
工賃が出る事によって、作業を頑張れる、褒められる、工賃支給日に好きなことが出来る喜びを体験させられるなど、金額の大小では無い効果が作業工賃にはあります。
ひょっとすると、この方は、福祉的就労、企業内授産まで持っていけるかも知れません。
現在は問題行動山積の方ですが、若いと言う事は、それだけの可能性を秘めていると言う事で、かつ、ご家族もおじい様以外の方は兄弟姉妹ですので、(両親は他界)かなり柔軟な思考が期待できます。

今のGHの利用者さん達は楽しく生活していますが、家族が高齢な為に「現在の良い状態を変えたくない」と言う気持ちが強すぎて、本人さんの可能性を試みないまま、本人さんたちは中年の域を超えてしまっています。
通所更生施設に10年以上通っている方も在ります。
それでご本人は本当に幸せなのだろうか と悩む日々でしたので、この方がきっかけで、他の利用者さんやご家族にも風が吹くと良いな と思っています。

まずは、楽しく暮らしてもらう事。
ここの支援者はごねても言う事は聞かないと認識してもらう事。

これが最初の一歩ですね。


こんな時間に書いているのは、例によって断眠だからです(^^;;
昨日は明けでこの方の会議をやっていましたので、中途半端に仮眠、中途半端な食事、疲れはピークのまま、夜になり、寝ては見ましたけれど、いい加減にして!と言うくらいに目が覚めます。

ので、諦めて、家計簿つけて、洗濯物の始末をして、ブログを書いているんです。

昨日は昼から碌なものを食べていないので、実は空腹・・・余裕が無いんで、自宅に食料は無いんですよね。カロリーメイトと職場の食事で生きていますが、(あとは諦めて外食)カロリーメイトも尽きてしまいましたし・・・・・

買い物に行こうかなぁ・・・
夜中に買い物できるところ、限られていますけど。

明日は昼過ぎまで何回目が覚めてもしつこく寝ます。明日は(って、日付は今日ですが。)殿様と二人で夜を過ごします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック