bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



トライアルさん第2弾続行中
昨日からトライアルさんのお二人目が来られています。

先週良い感じだったので、色々頭の中で「今週はこういう経験もしてもらおう」などと考えつつ、かなり早く行って、いわゆる雑用で、夜やらねばならぬことを片付けて、さて!と迎えに行って見ましたら・・・

面倒な事が起こっていまして。

見ると通所施設の職員さんが添乗しています。予定外です。
で、本人は、いわゆるパニック状態になっています。
何がなんだか分からず「○○さん、お帰り~」と笑顔で元気にやったのですが、座席にしがみついて降りません。

何が起こったんでしょう???

あとで判明しました。

本人は、先週GHと言う変な場所に行った事を覚えているのですね。来月20歳ですから、記憶力は衰えておりません。
で、前の日や朝に家族から「GHに今日は行くよ」と説明を受け、「行かないの」とか「通所施設を休む(休めば行かなくて済むと考えたようです。)」とか駄々をこねたようなのです。

それを受けた通所施設の職員さんが、「やっちゃった」訳なんですよ。

本人がイヤなんだから と言う訳で、昨日一日全くGHの事には触れず、帰りのバスがたまたま自宅へ帰るバスとGHを通るバスが同じで、いつも同じバスに彼は乗っているのですが、「今日はGHで降りるよ」という事も告げずに通所施設の職員さんが、そ知らぬふりで添乗し、GHのバス停に着いた途端に「○○さん、降りるよ」とやったらしいんです。

これはね。
本人、自宅に帰るつもりでバスに乗っていますから、パニックになって当然です。
添乗してくるのも困るのですが、本人にストレス掛けない積りで一日中話題にせず、暴れた時の用心に職員さんが、何も告げずに添乗してくるなんてもってのほかです。

とは言えませんけれど、もってのほか。

本人さん、暴れるわ、パニック的な言葉は連発するわ で気の毒でした。

自閉症の方なんですが、勿論変わった事は受け入れにくいです。受け入れにくいけれど、伝えて本人に乗り越えてもらわないといけません。イヤだ、行かない と言っていても、的確に本人に情報を伝えてもらえば、あとはGHの方でちゃんと下車できるような支援はするのです。毎回先生が付いてこなくちゃ降りられないでは困ります。本人さんの為になっていないんです。

でも、本人さん偉かったのはね。
こだわりの衣服 があるんです。
それを着ると落ち着くらしく、お気に入りです。
何とか下車してGHに来て、ある程度それなりに過ごしたのですが、着いたとたんにそのこだわりの衣服を着用しました。
本人なりに落ち着こうと頑張ったんです。

昨夜は少し遅くまで寝付けませんでしたが、来てしまえばそれなりに暮らせます。その積み重ねが自己確立、心の自立に繋がっていくのです。

先週のトライアルが終わった時に、「来週は添乗してこないで下さいね。」と担当の女性職員さんには伝えてあったのですが、どこがどうなったのかは分かりませんが、担当でない力の強い男性職員さんが添乗・・・・・

もう、知的障害者支援やってる専門家なんですから、何とかしてくださいな。
彼らは実は社会福祉協議会の職員さんたちなのですよ。我々みたいなそこらのNPOの適当な職員とは訳が違うんです。相談支援活動なんかもやってるようなエライ人たちなんです。

先が思いやられます・・・・・

しかし、本人さんは頑張りました。
20歳と言うのは可能性を秘めています。
家庭環境に難しいところがあり、少々難しい問題を抱えている方ですが、きっと楽しく生活してもらえる事が出来ると思います。

契約になるはずですが、うまく行くと良いです(^-^)☆
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック