bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



続きがありまして・・・(問題行動及び行動障害)
爆裂タイフーンさんは凄まじかったです。

元々障害特性があったのだと思いますが、生活学習の失敗があったのでしょう。本人はあれではとても暮らしにくい筈です。
褒められるという体験をほとんどしていないのかも知れません。

簡単に言うと、人の嫌がること、困る事、危ない事、を、しつこいと言う言葉ではとても表現できないしつこさで永久にやっています。
又、一瞬でも待つ、我慢する、と言う事が出来ません。
自分が何をしたいのか、じっくり考える事が出来ません。
思いつきで行動するので、人生設計的なことも出来ません。

刹那で生きているとも言えます。

これはですね。
暮らしにくいです。
支援者、今まで何をやってきたのでしょう。

私が書類を1行書く間に眼鏡(私、眼鏡使っています。)をもぎ取る、ペンをもぎ取る、紙を動かす、私の手を払い、文字が書けなくする、抱きついてきて、動けなくする、こんな事を限度を知らずにやり続ける方。

叱られるのは慣れすぎていて、「眼鏡を取ったら、見えないよ」「ペンを取ったら書けないよ。」「紙を持って行っちゃ駄目。」「抱きつく人はしつこい。」と自分で言いながらやっています。

正しいコミュニュケーションの方法を学んでこなかったのです。

昨日は私もこの方の24時間は初めてですから、試行錯誤で、まあ、成功したかどうかは分からないのですけれど。

行動障害の矯正には時間が掛かりますが、必ず軽減させられます。
だから、支援者はもう少し必死にならないといけないですね。
私がかかわる事は殆ど無いので、それは出来ないのですが・・・


もっとびっくりした事は、衛生状態が非常に悪い。
肌着を取り替えない、衣服に執着があり、取り替えない、風呂で洗えない、髪も洗えない、顔を洗わない、歯磨きが出来ない・・・・・

本人さん、形だけは出来るのですが、実際には出来て居ません。
だから、介助が必要なのですね。
本人さんは獲得できない能力なのですから、本人のやり方が悪いと言っても始まらないんです。

昼飯を食べた後、掴まえて歯磨きをしたら・・・・・

口中物凄い出血です。
歯槽膿漏の状態です。
25歳ですよ。
50歳じゃないですよ。
誰も介助していないんです。多分。

と言うのは、本人が刹那で生きている為に、ほんのしばらくじっとしていることが出来なくて、飽きてしまう、動く、逃げる、理屈を言う なので、面倒なので、介助も余りいれていないんだと思います。

褒めていないんじゃないかな・・・
出来たら褒めなくてはいけません。
知的障害者の方の支援の第一歩は安全確保もそうですけれど、まず褒める です。
まず叱る の支援者多いです。
だから、本人さんたちは叱られなれているので、なんとも思わないし、褒めてもらった経験が無いので、努力や達成感が味わえないのです。

これが何十年続きますと、立派などうにもならない強度行動障害者になってしまいます。
例えば「嬉しいから、隣の人を突き飛ばす」と言う様な他害行動でしか表現が出来なくなってしまうのです。

何故かといえば、他害行動、迷惑行動をすれば、「叱られる」と言う形ですが、関心を持ってもらえます。
自分に振り向いてもらえるのです。
ですから、ゆがんだ表現方法として、「悪い事」「危険な事」「迷惑な事」「非常識な事」をドンドン覚えて行きます。
それらをすれば、確実に振り向いてもらえるからです。

これは褒めて居ないから。
叱る時はしっかり叱らないと駄目です。
本気で叱らないと駄目。
泣こうが暴れようが叱ると決めたら、ちゃんと叱らないと駄目です。
しかも毎回必ずです。
根気が要ります。
今回はいいか と言う事は絶対に駄目なんです。
悪い事 であれば、毎回必ずしっかり叱らなくてはいけません。

意味は説明しなくても良いんです。
長々と説教する必要は無い。
知的に障害がある人たちです。
長々した説教が理解できるなら、「普通の人」です。
「この事はとにかく駄目なんだ。不利益があるんだ」と言う事を、しっかり教えなければいけません。

で、です。
出来たら、やる意志があったら、どんなに出来上がりが不完全でも、「必ず褒める」。
これをやっていない支援者は多いです。
不完全なのは、彼らに手帳があるからです。
完全を求める事は間違っています。
支援を求めてよいのです。
歯磨きなら、歯磨きをすると言う事を、毎食後に自分でやろうとする、又は、磨いた後に支援者に頼む と言う行動に対しては、褒めなくてはいけません。
例え、実質的には全然磨けて居なくても です。

その辺がずれている支援者は結構居るんですよね・・・


今度うちのGHに少々の行動障害がある人が来るかも知れないのですが、教えようと思っています。

その方の情報票に寄れば、「声を出しながら、うろうろする」とあります。
理事長は「その声は嬉しいにつけ、嫌な時につけ、止められない」と言いますが、そんな筈はありません。
声帯を震わせるから声が出ます。
震わせるのは随意筋です。
不随意筋では在りません。
意志で動いているのです。たとえ無意識でも。

ですからね。

基本的には本人尊重をしたいので、声を出している状態は容認するのですけれど、以下の様な場合は困ります。

他の利用者がその為に非常にストレスを感じている場合
集って何かをしている場所でそれを阻害するような形で声を出してうろうろしている場合

これは駄目です。

解決策は今考えていますが、まずは自分の部屋で思う存分声を出してうろうろしてもらおうと思っています。これなら文句は在りません。

共有の場所ではやめさせます。
どうやって止めさせるかですか?
随意筋を意志で止めてもらうんです。

まず教えなければいけないのは、「喉」と言う言葉ですね。
「喉」とは何処を指すのか を教えなければいけません。
それから、「駄目」と言う言葉も教えます。
駄目 と言う状態はどういう状態か と言えば、喉の随意筋が意志の力で震え、声が出ている と言う状態ですね。
ですから、「喉が震えて声が出ている」と言う状態を自覚してもらいます。
自覚するって、言葉では無理ですので、つかむんです。前から喉全体を。
首絞めるんじゃないですよ!!!
喉が震えている と言うのは、前から他人の手のひらで触れられると分かります。
「その状態は」「駄目」な事を教えるんです。

喉と言う言葉を教えるのは、「○○さん、喉!」と言えば反射的に声が止まるように将来的にしていくための準備です。いつもいつも喉を触られなければ止まらないんじゃ困ります。

「喉だよ」で止まれば「偉いね」と褒める事も出来ます。

そうです。
褒める為に、行動障害は止めるんです。
止まったら「褒めなくては駄目。」

この声出しつきのうろうろさんは、まだ20歳という事なので、十分間に合います。
私、別の勤務先(以前の)上司がもっともっと凄まじい問題行動の人を実に上手にコントロールしてあげて、本人を沢山褒めている現場に居た事があります。
実現すると、本人も暮らしやすくなるのです。

本人の為に、問題行動は止めさせなければならないんです。

この辺がね・・・

他人の迷惑の為に止めさせる と本気で思っている支援者ですと、止まらないんですよね・・・・


爆裂タイフーンさんも、うちのGHに入れてあげたかったのですが、諸事情で無理なので、今度体験で来る「うろうろさん(これはニックネームでは在りませんよ)」を何とか良い方向に持って行ってあげたいと思っています。

爆裂タイフーンさん、良い支援が入ると良いのですが・・・
なかなか難しいものです。
抑制とか言いますが、問題行動したときに、がんがん怒鳴るとか、抑えつけるとかやる支援者の人はいるんですがね。
叱るだけの支援では治らないんです。
本人に利益がある と本人が認識すれば、必ず問題行動は治せます。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック