bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



グループツアー&トライアル第2弾
本日は総勢18名(利用者9名、支援者9名)で、観光地に行ってまいりました。

普段のガイドヘルプは、個人のニーズですから、その方の個性に合わせます。
グループツアーでも、集合だけ一緒、行動は別々、帰りの駅で集合だけしか出来ない利用者の方も在るのですが・・・

私は出来る限り集団行動の際は、本人さんにも集団行動を取ってもらっています。
でなければ、グループツアーの意味が無いと思うので・・・

本日の私がついた方は、何回かこのブログでも書いていますが、「何か言われるととりあえず嫌と言って、反対の方向に走る」と言う方です。
多分、ですけれど、「イヤ」と反対の方向に走らないと、『男が廃る』んだと思います。

なので、『男が廃らない』様にすれば、かなり楽しそうに一緒に行動してくれます。
今日もほとんど団体行動が出来ました。
女性の利用者さんも支援者も居ますから、いつものお出かけは男の支援者としか行けないので、そういう意味でも楽しかったようです。

食堂で座っていられない と言う注意書きがあるのです。この方には。
食べない事が結構あり、無理に食べさせようとしないように と言う注意書きです。
少し前の注意書きのようです。

先月だったかな?夕食会と言うのにこの方とご一緒したんです。私は何かをドンドンさせる支援者なので、一緒にガンガン料理をしました。勿論、包丁を使っているのは私ですよ。料理作っているのも私です。本人は手を添えているわけです。
そして、一生懸命褒めるわけです。
食事が出来上がって、美味しそうに食べていましたっけ。
食事中も褒めましたから。

で、本日の昼食。
普段は、一人ですので、簡単なサンドイッチバーみたいなところで買ってすぐ食べられる様にする事が多いのですが、今日は団体ですので、普通の食堂に入ってもらいました。
席の位置は工夫します。すぐ逃げられない?席にします。
この方は、箸を使うのは余り上手じゃ在りません。
それから、お皿が沢山並んでややこしい食べ方するもの、うまく理解できないようです。
じゃあ と言う訳で、ワンプレートにしました。
スプーンを貰いまして、私がスプーンに乗せて、本人さんに触らせます。と、握ってスプーンを持ち上げて、口に運ぶんですよ。

これで、サンドイッチバーは卒業ですね。
次からは普通の店に入りましょう。


さて。

次の懸案は、トライアルさんのお二人目です。

この方、お若いのですが、お母さまが不幸にしてごく最近他界されました。本人と一緒に暮らしているのは、80代のおじい様です。
これは緊急事態ですので、(ICUの緊急事態とは別の緊急事態ですよ~)第一候補になったとか。

ちと問題があるんです。
いわゆる問題行動ですが・・・
問題行動自体は私たちはプロですから、全然困りません。
時間をかけて問題行動と言う形ではない表現方法を教えていくことが出来ます。
この方の問題行動はどうも大した事ではないらしく、「声を出しながら、うろうろする」と言う事だそうです。(まだお目にかかっていませんので、情報だけです。)
うちの今の利用者さんにはそういう行動が嫌いな方が居ます。
嫌いでも嫌いなりに何とかなっていくものなので、それ自体は良いのですが、勿論、その「うろうろする」方が、トライアルに来られれば、騒動は起こります。

これも騒動自体は困らないのですが、騒動の結果をご家族が過敏反応すると、話がややこしくなるんです。
今は落ち着いて暮らしている利用者さんも、2年ちょっと前にGHに入られた時には、もう凄まじいばたばたでした。
それをね。
親御さん忘れてしまうんです。
自分の子どももばたばたの時期があったのだから と寛容に構えてくれない事が多いんです。
今、この一瞬のばたばたが困る と拒否される事が予想されます。

これが一番困る。

今の利用者もしばらくは機嫌が悪かったり、喧嘩をしたり、様々な騒動を起こしてくれると思いますが、その中で本人達は消化していくんですね。
だから、「今の良い環境を損なう『問題行動のある人』は困る。」とやられるのが心配です。

明日はわが身と言う事が分かりませんとね・・・・
なかなか自分の子どももそうだったから と言う気分になってくれないんですよ。
今の利用者さんが落ち着いて良い暮らしをしているのは、勿論本人さんの自力ですが、申し訳在りませんけれど、私たちプロが支援を入れているので、本人さんが実力発揮できている訳です。
ご自宅に居た時には不可能だった事が幾つも実現しているのですから、これは「介護、福祉は、家族ではなくプロに任せるメリットがある」と言う意味だと思うんです。

あ。私にも他界した母がありますが、私は母の介護はしていません。家族では出来ないんです。
親戚とプロがやってくれました。

はあぁ・・・・・
人材不足の折から、なんでまあ、こんなに次から次へと懸案事項が増えるんでしょ?
仕事しろ!と言う、神様の進言でしょうね。

頑張ります。

で、仕事以外はひたすら寝ます。





スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック