bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



クモ膜下
昨日の緊急事態の利用者さんのお母様は、クモ膜下でした。まだ意識戻らず、ICUです。

これは当事業所始まって以来の一大事。

忙しくなりますが、何とかご病気が回復され、又平穏な毎日が送れる様に、利用者さんのサポートを頑張りたいと思います。

ご家族はあるのですが、病院に詰めていますし、通勤、通学があります。

お父様は通勤ですし、家計を支えているのはお父様ですが、利用者さんの介護をしているのは、お母様です。

ご家族のどなたがご病気でも、利用者さんの生活は立ち行かなくなります。在宅の利用者さんには、常にこういう危険がはらんでいるのです。

本人さんの自立は利用者さん本人の将来を左右します。だから日常生活支援が必要なのです。

施設に入れるだけが選択肢とは、事業所も私も考えていません。住み慣れた地域で当たり前に暮らすのに、何故、困難が伴うのか?

これは深く広い問題です。それを私供の様なNPOが辛うじて支えているのが、今の我が国の障害者福祉の現状なのです。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック