bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ちょと愚痴を申します
長い愚痴は読む人イヤになりますので、なるべく簡潔に。

今、人材が徹底的に不足しています。

今度イベントのお出かけがあります。
普通はリーダーの人が非常勤さん、もしくはベテランの登録さんで、後の方は、一般の登録サポーターさん(ヘルパーさんの事を、当事業所ではサポーターと呼びます。)が沢山付いてくれるのです。

利用者さん一人にサポーター一人で、大人数で同じ目的の場所に行く訳です。
今回は今、話題の都会の観光スポットに行きます。

参加者は10名ちょっとです。(利用者さんの参加者ですよ。)
ですから、サポーターも10名ちょっと必要ですわね。

余りに人材が居ないので、理事長、コーディネーター、常勤5名、非常勤さん3名、ベテランの登録さん数名の事業所総動員です。
常勤は、全てGHの世話人です。
実はお門違いの仕事で、普通は時々はやりますが、やりません。

どれだけ人が居ないか、お分かりいただけるでしょうか?

我々GHの職員も明け入りで、あちこちの仕事をこなさないと利用者ニーズに答え切れません。
いきおい余裕がなくなります・・・

事業所も分かっていて、非常に尽力してくれているのですが、居ないサポーターを居るようにする魔法は無いので、理事長以下、コーディネーター(この方、そもそもガイドヘルプに出る立場じゃないです。)常勤、非常勤、全員体力の限界と闘っています。

福祉300万円が230万円になりましたが、介護保険施設の施設介護者は350万円が最低ラインだそうです。
つまり、介護保険の施設労働者の方はもっと貰っている方が多いと言う事でしょうかね?
分かりませんが・・・

私は妻子がないので、ドタバタでも何とかやっていけますが、確かにうちの事業所の男性職員で(非常勤さんも含めて)既婚者は居ません。家庭があったら、やっていけないんです。

ふむ・・・・・

これは事業所のせいじゃありません。
自立支援法の制度の問題です。
今時350万円の生活が出来ないプロの仕事、ちと困ります。
偉そうに言いますが、介護保険の施設介護者の方のスキルとは違いますが、我々自立支援法の下の知的障害者支援、特に落ちの様な地域日常生活支援メインの仕事にも勿論かなり高度なスキルは要ります。

同じ程度にならないものですかね・・・

同じ程度になれば、常勤も増やせるし、非常勤さんも増やせるし、疲労困憊の日々からも解放されます。

4月に自立支援法は又、変わりますが、労働者保護の観点から、色々施策があると嬉しいなぁ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック