bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



トライアルさんの結果
結論から言いますと、破談になりました。
どうしてもお母さまが納得しなかったからです。

お母さまが認知症の疑いが濃厚
ご本人が中年の域を超えかかっている
母一人子一人の生活
お母さまのご本人への障害認知度が薄い

などの理由から、是非入居させてあげたかったです。
お母さまも程なく認知に著しく問題が出てくるでしょう。
そうなった時に、たとえ一時的にでも、お母さまにもご本人にも多大な精神的負担が掛かります。

なんとしても入居させてあげたかったのですが、どうしようもありません。
残念です。



破談になったとたんに問い合わせが2件来ました。

1件は、破談になった方が通勤されている作業所の利用者さんだそうです。
お母さまと二人暮しで、お母さまが脳梗塞で倒れられ「該当者なので」と問い合わせがあったとか。
ちょっと違うんですがね。
親が介護しきれなくなったその時に、緊急避難的に本人が生活できる場所をいきなり作るのがGHではありません。
本人の心の自立を促し、より充実した人生を送るための一つのツールがGHなだけなんですが・・・
まあ、だからと言って断る理由にはなりませんので、事業所で検討しているでしょう。

もう1件は、地域の「地域生活移行センター」みたいなところからの問い合わせでした。
直接GHに電話がかかってきたので、事業所に電話は回しました。

今、競争率2倍です。

どうも、「施設には入れたくないが、もう切羽詰って本人の行く先が無い」となると、GHを考える支援者、親御さんが多いような・・・

「施設には入れたくない」は感性なので、尊重します。
であれば、「切羽詰るまで家に置いておく」のはどうなんでしょうか?
本人さんは、親御さんとの生活が永遠に続くと思っています。
親御さんが切羽詰って、もしくは他界されて、初めてGHにいやおうなく連れて来られたら?

本人さんが置き去りな気がするのは、私の商売柄でしょうか?
普通、30代になった子供が実家でのうのうと暮らしていたら、普通の親は自立を促します。
今は変な親御さんも多いので、40代になっても50代になっても、親御さんに食事や洗濯の世話をしてもらっている「変な大人」も居るようですが。




ところで。

ちょっと別の話です。
中国産の材料で作られた惣菜にとんでもないものが入っていたとか。

うち、生協が近くにありまして、普段の食事の材料は生協で購入しています。共同購入、個人宅配ではなくて、店に買いに行く組合員になっています。
生協の共同購入用の惣菜に毒物が入っていたと言うので、親御さんへの連絡に追われました。

当GHは市販の惣菜は一切使っていません。
冷凍食品で稀に使うのは、とうもろこし、ミックベジダブル、グリーンピースで、亜米利加か豪州産です。

又、共同購入は利用していないので、該当商品は買うことが出来ません。

食べ物ですからね。
困りますね。
手の混んだものは出来ませんが、ごく普通の食事を提供していて良かったと思います。

たまには冷凍食品とか、使ってもいいよね とはいつも思っているのですが、食事を作ってくださるパートの方は、みなさん余り使いたがらず、ありがたいと思っています。


さて。

2倍の競争率になった次の利用者さんですけど・・・

体験で来る迄話が進むと良いのですが。
体験されれば、ある程度話が進みます。
本人さんにとって不幸だけがある と言う事には絶対になりません。
幾ら障害が重くても、地域で普通の生活をすることは人としての尊厳です。
「この子は私が居なければ」と言う親御さんも多いのですが、もし、障害ご当事者のご家族の方が、これを読まれていたら、是非、一度考えてみて下さい。

かわいい子には旅をさせよ と言います。
他人の釜の飯を食う とも言います。
身辺自立、生活自立は目的ではありません。
心の自立が目的です。
身辺自立の為に訓練をされる と信じている親御さんも居られるようですが、違います。

自主事業で体験だけ出来る事業所も数多くあります。
是非ご当事者のお子さんが20代前半のうちに、どんなに遅くても30歳までに自立させてあげて下さい。

それがご本人の未来を広げる事になり、幸せを多くつかむ事に繋がります。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック