bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



爆裂タイフーン
みたいな利用者さんが居ます。
在宅の方で、昨日ガイドヘルプに行ってきました。

タイフーンと言うか
ハリケーンと言うか
サイクロンと言うか

まあ、そんな方です。

人なつこいのですが、限度と言うものが分からない方。勿論障害ゆえです。
立ち止まる、待つ、考える と言う事が出来ないので、絶えず歩き回り(凄いスピードで)買い物好きなんですけど、目的のものがあるかどうか、どこの売り場か などを私が聞いている間にもう飽きて、どこかに行ってしまいます。(かなり理解はある方で、明後日の方向とか、そういう事は無いのですが。)

なので、目的は達せられない、イライラする、無闇に歩き回って疲れるので、すぐ飽きる、と言う感じの方でした。

まあそれなりに工夫して何とかしましたが、あれは本人さん、生活しにくいだろうな と思います。

手持ち無沙汰が1分耐えられないんです。
ぼーっとする事も出来ません。
電車の中で座っていて、3分座るともう飽きて電車内を結構なスピードで移動し始めます。
力が強いので、余り揉み合いにはしたくありませんし。

言葉は非常に達者です。
表面的な意味も理解できます。
ちょっと見ただけでは知的障害があるとは見えないでしょう。

でも、実は文字は余り読めませんし、お金の勘定は出来ません。
本や新聞は好きで良く読んでいるのですが、記事を読んでいる訳ではなくて、写真や絵を眺めているんです。
買い物などもかなり出来ますが、札を出して釣りを貰う事が可能と言うだけなので、金銭の価値は分かりません。
たまたま1,000円札を出したら、買ったものが1,000円未満だったと言うだけなのです。

こういう分かりにくい障害を持った方はかなり日常生活暮らしにくいと思います。
又、わがままと誤解されやすく、力が強いと外で揉め事に(私たち支援者と。ふさわしくない行動に固執する事があります。)なった時、喧嘩に見えたり、人目を引いたりする為に、ついふさわしくないわがままを(本人はわがままと思っていないんですよ。手持ち無沙汰なんですよ。)聞いてあげてしまったりすると、なかなか難しいものがあります。

生活の知恵的なことも、本人はふさわしくない形でかなり会得しているので、たまのお出かけ程度では治せませんしね。たまのお出かけはそういうものを治す機会ではありませんから。

昨日は1つだけ私の中で決めて、あるふさわしくないが、本人さんが生活の知恵的に会得している悪い癖を止めました。毎回大騒ぎになりましたが、何とかそれだけ止めて、後はまあ、楽しく過ごしてきました。

ああ と思ったのですけれど、ふさわしくない行動をしながら、本人さん楽しそうに「○○は駄目」とか「○○だから、止めよう」みたいな事を口に出して言っています。言われなれてしまっていて、本当の意味は分かって居ないと思います。かなり言葉での理解はある方ですが、意味まできちんと分かっている訳ではないようです。

でも、言葉が達者なので、その辺も誤解されやすい点ですね。
限度を知らない=分からない(分からないんですよ。限度を超えているのは分かっていて、やっているのは、悪い根性ですが、一般の人とはそこが違うんです。分からないんです。獲得できないんです。)=しつこい訳です。

しつこいタイプの知的障害を持った方 と言うのは実は居ます。
一見軽度の障害に見える人が多いですね。
その障害の重さはその方により、様々ですけれど。

昨日の方は、手帳は重度、障害程度区分は5、行動援護付きですので、実際はかなり重い方です。
でこぼこが激しいと言いますか、一見わかりにくいので、下手な支援者が障害程度区分の認定にかかわると、間違いで軽く出てしまう恐れがあるようなそういう方でした。

こういう方は、一見して分かる重度の障害を持った人とは別の暮らしにくさがあります。
大変だろうな と思いつつ、過ごした一日でした。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック