bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ケーキ屋さんへ
プライベートじゃないですよ。仕事ですよ。

今日のお出かけは、うちの事業所で多分一番障害の重い方です。お若いです。二十歳です。

散歩が好きな方で、食べる事が好きで、電車が大好き。

来週もその方とお出かけするので、今週は散歩、来週はグルメと提案しまして、今週は散歩に行きました。
当地方では、散歩道路がありますので、またまたそれをせっせと歩きました。
この方は、お体も少々難しく、かなり重い何とか症候群なのだそうですが、本人さんは非常に明るい好青年です。

散歩道路を1時間少し歩いて、3つ先の駅迄行き、そこからバスで繁華街に行きました。昼食は、普通の定食屋にして、その後ちょっとぶらぶらしてから、目的のケーキ屋さんにレッツゴー!です。

その方、ケーキ、甘いもの、大好きなんです(^-^)。普段ご自宅ではけじめをつけていると言う事で、「じゃあ、今日はケーキやりましょう!」とお母さんの了解を貰っていきました。

ケーキ屋さんはファッション雑誌に載る様なところです。
始めから目を付けていきました。
今時の飲食店、2階以上のところが多いんですよね。
1階のところって余りありません。
階段の上り下りが少々支援の必要な方なのですが、こちらもだいぶ慣れたので、まあまあ、階段でも昇って貰えます。下りもいけます。
ケーキ屋さんも定食屋さんも2階でした。

ケーキ屋さんに入って、2階に上って、甘い香りがして、メニューにケーキの写真が一杯あるのを発見した利用者さん、もう大喜びです。
言葉は無いんですが、満面の笑み。
舞い踊っているというか、舞い上がっているというか。

チョコレートが好きなんですって。
ところが、この方、食べる事が余り上手ではありません。
効率的に食べる事が出来ないの。
障害のためです。
本人さんのせいではありません。
口から食べ物がこぼれてしまうのです。
咀嚼すると、食べ物が口の奥から手前に出てきてしまい、そのままこぼれる。
なるべく奥の方に入れる、スプーンの背で押し戻すなどしますが、全部は無理。

折角なので、大好きなチョコレートのケーキにしたのですがね。
チョコレートクリームたっぷりの。
好きで美味しいから、唾液が出るわけです。
で、元々手前に戻ってきてしまう方なので、よだれとともに大量のチョコレートクリームが戻ってまいります(^^;;

頑張りました!ワタクシも。
美味しいもの、食べたいですものね。

満面の笑みで食べて、お母さんが持たせてくれるタオル(こぼれるので、胸に掛けたり、膝に掛けたり、口を拭いたり色々)を全部使い尽くし、足りなくて、私のハンドタオルまで使いましたけど、無事食べられました。

今日はまあまあの天気で、寒い事は寒かったけれど、かなり歩いたので、それ程寒さは感じませんでした。
利用者さんは二十歳ですしね。大丈夫です。



さて。

明日が又、大変なんですよ。
私は余りガイドヘルプは得意じゃないし、好きじゃない。
仕事ですから、一生懸命やりますが。

明日の方は、本人さんには言えませんけど、別名「タイフーン」とか、「ハリケーン」とか「サイクロン」とか、職員達が冗談で言う方です。

躁鬱がある、精神障害と知的障害合併の方。
なので、本人さんのせいではなく、発作的に走り出すとか、飛び降りるとか、ジャンプするとかの事柄があります。
かなり理解力などはある方で、説明すればいけないことなどは分かりますが、どちらかと言うと、悪乗りタイプと言うか、しつこいタイプ(こういうタイプの知的障害を持った方は結構居られます。性格が悪い訳では無いです。)。

若いんです、この方も。26歳だったかな?
拘り行動があり、新聞紙を収集して歩きます。
いつも10キロ単位の新聞紙を持ち歩いています。
ですから、凄く腕の筋肉が発達しています。
発達するほど毎日収集している訳ですね。

だから、力も強いです。
相撲ごっことか、プロレスごっこをすると、私はいつも負けますの。
力を加減する とかは出来ない。夢中でやっちゃう。
実は障害程度区分は5。
手帳は重度。
でも、一般の方が見ると、さほど重い障害があるように見えないでしょう。
だから、本人さん暮らしにくいわけですけれど。

とは言え。

余りガイドヘルプに馴れていない私にはかなり高度な技術の必要な方です。
温泉ランドが好きな方で、必ず入るらしいのですが、私は温泉ランドに入れません。TATOOがあるので、温泉ランドはお断りなのです。
とはご家族には言えませんので、(まさかね。好きで入れてるものですからね。)「塩素が駄目なのか、温泉ランド、銭湯、プールは蕁麻疹が出てしまうので・・・」と言って在ります。(これはどのご家族にもそういいます。)ご家族は納得してくれていますし、本人さんは一人では入れるので(重度なのは、躁鬱合併である事や、パニック的な発作があること、少々行動障害があることなどで、行動援護が付いているからです。日常の生活などは一人で出来ます。電車通勤もしています。見た目で障害は分からないものなのです。)良いのですが、「一緒に入ろうよ~~~~」としつこいのが始まると、止まりません。限度がわからないから・・・
他のお客さんに迷惑なくらい派手に騒ぐ事もあります。いわゆる悪乗りですね。

それをどうやって食い止めて、楽しく過ごしてもらうか が課題になってきます。
怒るのは簡単ですが、怒られれば楽しくないし、反発しますし、お出かけの意味がありません。

ガイドヘルプって本当に奥が深いと思います。

日常生活の支援をしていると、その人の本質が少しですが、見えてきます。その仕事が私は好きですし、得意です。
ガイドヘルプは非日常に対する支援でもあります。
勿論お出かけをするのは、日常生活なのですが、衣食住では無い部分がありますのでね。

ガイドヘルプの仕事はかなり簡単な講習で取れるのですけれど、本気でやると結構難しい仕事です。特に中度、軽度の人の将来に繋がるような支援としてのガイドヘルプは難しいです。

とりあえず、明日は悪乗りが少ないように、温泉ランドで大騒ぎにならないように頑張りたいと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック