bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



トライアルさん続き
今週の火曜日からトライアルさんが又来ています。

最初の情報票とはかなり差が在る方で、(これはご家族の話によるものなので、プロが見るとかけ離れている事が多く、それ程驚く事では在りません。)四苦八苦しましたが、かなり展望が見えてきました。

しかし思うのですが、個人の能力とは、当たり前ですが、障害の度数や、障害程度区分では分からないものですね。
この方、仮称で「ゆったりさん」とつけましたが、変更します。「ほがらかさん」です。
明るいお茶目な方ですよ。

手帳の度数は重度なのです。
障害程度区分が間違っていて、(親は出来ると思っていても、実は支援が必要な事が沢山あったので)多分、契約が決まったら、再調査に出すと思います。
きっと障害程度区分は5です。

5程度なのですが、驚く事に、本人の足で30分程度かかる道を自力で歩いて、電車に乗り、作業所の最寄り駅で降りて、又、30分程度歩いて自力通勤の見通しが立ちました。
たった、5回の付き添いや見守りで出来てしまったのです。
地理的な能力はかなり高い方です。
今まで自宅からですが、自力で通勤されていたので、能力が花開いているのでしょう。

反面驚いた事もあります。

食事をちっとも食べません。1時間経ってもほとんど手をつけない。
ご飯だけお代わりを要求します。おかずを食べない。
何でかなぁ?と思い、「先におかずを食べてから、お代わりをしようね。」と伝えてみたり、切り上げさせてみたり、色々やって、やっと気付きました。

握り箸なのですが、食べ方が良く分からないようなのです。箸とスプーンが出ていても、習慣的に箸を持ってしまい、食べ方は分からない。
だから、おかずが残るんです。
ご飯は握り箸でも掻き込めます。
作業所では軽度の方が多いので、特にスプーンの提供は無く、「おかずも食べよう」と毎回毎回言って聞かせているらしいです。
まあ、作業所ではそれで食べられるのですから、構いませんが、ホームで朝、出かける時に1時間経っても食べられない だと切り上げさせなければならないので、それではおなかが空いてしまいます。

スプーンのみを出し、スプーンと器を持たせるように支援してみました。
何の事はなく、おかずも綺麗に食べ、ご飯のお代わりの要求もなくなりました。
本人なりのおなかが空かないための生活の知恵だったのかもしれません。

ずっと不思議だったのですが、髪の毛がいつも寝癖の様に立っていました。朝、ドライヤーで整えるのですが、帰って来ると又、立っています。寝癖そのまま出勤させているみたいで、気になっていました。

これも何の事はなかったです。
ほがらかさんの髪は柔らかいです。
どちらかと言うと薄くなっている。
で、帽子を被る習慣なのですが、帽子の後ろに幅調整のベルトが付いていませんか?頭の円周は人によって違うので。
あれがですね。一番短くなっていたのです。
ほがらかさんの頭の円周は広いほうです。
きつきつの状態で帽子を被るので、髪の裾がめくれ上がって帽子で固定され、寝癖の髪が出来上がっていたという・・・

それもですね。ベルト調整をしたら、なんと!金具が緑青で固まっていました。
作業所に9年通勤しているんですけど、誰か気付かなかったんでしょうか?

ま、日中活動場所の職員さんのスキルではないので、これは生活支援の我々がやれば済む話で、私が直しましたけど。

これから色々分かってくる事があるでしょう。何しろまだ5日間しか泊まっていないので・・・


少々と言うか、大分困っている事もありまして、親御さんが、ちと困る。
どう見ても考えても、初期の認知症の方です。
ちょうど指向が支離滅裂になりかけて、都合の良い事は覚えているが、現在の事は忘れてしまう、でも、まだ、日常生活が出来るくらいの記憶の継続はあると言う状態です。
物忘れ外来でしたら、後期ですね。
今の時期にアリセプト(認知症の進行を遅らせると言われている、健康保険適用外の新薬です。保険が効かないので、1錠500円します。)飲めば、進行を遅らせる事が出来るかと思いますが、親御さんに自覚がなく、本人(トライアルさん)と二人暮しなので、誰も親御さんに支援する人が居ません。

将来が不安なのと、論理的な思考が出来ないので、契約に支障が出そうです。
幸いにして、息子さんはもう一人居て、その方は、本人のお兄さんに当たり、別居しているが、比較的協力的との事。
そのあたりを取っ掛かりにするしかないのでしょう。
理事長が苦戦しています。



そう言えば。

シーズン到来ですね。
何って、花粉症です。
うちの利用者にも花粉症居ます。
と言うか、ほぼ全員そうじゃないか?
私は通年性の植物アレルギーですから、一年中花粉症。
だから、体感で分かります。
トライアルのほがらかさんも、結構ひどい花粉症のようです。
でも、親御さんにその自覚が無いので、放置のまま・・・
契約されたら、医者に連れて行きましょう。
花粉症、結構辛いですし、ちゃんと治療しないと悪化します。
我慢すればよいものではないのです。

コーヒーさんもかなりひどいのですが、親御さんが「大丈夫」と言うので、医者で薬がもらえません。
これも困ったなぁ・・・今年はひどいらしいですから、もう一度親御さんに言って見ますか・・・コーヒーさんの・・・

ほがらかさんの親御さんだけが認知症初期の疑いが濃厚で、後の方は、頑固では在るが、認知に問題はありません。
認知症の保護者は初めてです。
なんとしましょう・・・

認知症自体は別にびっくりしないんです。
何でもやっておくものですね。
大嫌いな老人施設福祉の世界に1年だけですが、居ましたから、認知症は分かります。
段階も何となく分かります。
だから、親御さんが認知症な事は困らないのですが、契約行動とか、ほがらかさんに必要な事を自宅で準備してもらう際などに、適切に進まないので、困ります。

作業所の担当さんが尽力してくれる事になるのかな と言う感じです。

今日は休日。

明日明後日は、ガイドヘルプなので、今日は一日寝て過ごします。
やはりトライアルさんが来たりしますと、慣れない為に本人も疲れますが、我々支援者もわからないことを手探りなので、結構疲れます。
体も疲れますが、精神的にも疲れます。


そうそう。引越しが決まりそうだったのですが、諸事情で、今回の部屋はうまく行かないようです。
又、探して、春のうちには引越ししたいな と思っています。

最期の悪あがきで、インフルエンザもまだ生き延びています。
花粉も飛びます。
みなさまも健康には十分ご注意くださいませ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック