bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



トライアル
新しい入居ご希望の方が、トライアルで本日と明日泊まります。

今夜は若い相棒の夜勤ですが、少々心配だったのと、明日初めて私の顔を見るのでは、ご本人も不安だろうと思い、愛嬌を撒きに行ってきました。

実際は、てんやわんやしていたので、仕事して来ちゃったんですけどね。

で、感想は。

お母さまの情報はやはり(大抵そうです。驚く事では在りません。)当てになりませんでした。
全然状態が違います。
又、トライアルに際して、ご持参いただくものが色々在ったのですが、ほとんどお持ちでなく、これがてんやわんやの一つの原因。
一番困ったのは、電車で通勤するのですが、お金を全然持っておられないこと。
誰が出すんでしょ?
まあ、我々が立て替えるんですけど。
しょうがないですから。

本日は練習の初日ですので、お母さまが作業所から電車を利用されて、最寄り駅からGHまで歩いて送って来られる筈でした。
ところが・・・・・
作業所から職員の方が、お母さま、ご本人を連れて、車でGHのまん前まで送ってきちゃったらしいんです。
これじゃ練習になりません(^^;;

で、作業所の方が、かなり熱心にGHの様子などを質問していかれたようです。
GHは生活の場所ですので、ご自宅と同じなんですね。
ですから、作業所の方が入り込んで?調査していくべきところではないんですが、それはまあ、GH自体が余り普及していませんので、ある程度やむを得ないかも知れません。

お母さまからは私が居る間に数回電話がかかってきました。
初めて日常生活の場所に宿泊を体験されるので、ご心配なんでしょうと思います。
たった2日なのですが、「これはこうして、あれはこうして」と細かくご心配されておられました。
これも仕方ないですね。

ご本人は と言うと、どうもお母さまがご本人にはほとんど説明をされていないようで、非常に不安なご様子でした。
どこかに泊まる事が嫌いなので、と言う事で、ご本人は説明を受けていないようです。
今朝、いきなりカバンを持たせて、そのまま作業所から車でつれてきた と言う感じらしい・・・

これはね・・・・・
ちと困ります・・・・
これもしょうがないのですが、困ります・・・

色々、困ります が多いので、もう愛嬌精一杯撒いてまいりました。
「ここはね。みんなが仲良くするところだよ。みんなとご飯食べて、お風呂に入って楽しくするところ」と説明して、精一杯の笑顔を振りまいて、一緒にお茶を飲み、いまの利用者さんと交流してもらって、(って、一緒に座るだけですけど、それが初めての方には凄いハードルです。)ある程度の時間になったので、「今日はもうお部屋で寝ましょうね。」と伝えて、部屋の電灯を消してみました。

多分、今夜は眠れません。
緊張は少しほぐれましたけど、(私がほぐしましたので)がりがりばりばりに緊張して、かつ、不安です。
眠れる訳がありません。

若い世話人さんが「これをお母さんから眠れなかったら飲ませて と預かりました。」と言うので、見ると、デパスです。抗不安薬と言うか、精神安定剤の作用時間の短いヤツです。睡眠薬代わりに使うことがありますが、これが睡眠薬代わりに使えるのは、かなり軽い状態の時。
作用時間が短いので、一晩中不安な今夜はこれを飲んでも眠れないでしょうね・・・
ただ、いわゆるテンパッテいる状態は多少ほぐれますので、あまりにテンパッテいて、辛そうだったら、弛緩させる意味で優しく飲ませてみて と指示して帰ってきました。

19時に行ったのに、雑用済ませて、本人さんの様子を見て、利用者さんと交流させ、何やかにややっていたら、帰宅したのが22時半でした。

ま、最初はそんなもんです。
本人さんは馴れて行きます。
今の利用者さん、のんびりさん、コーヒーさん、殿様も、最初はもうどたばたでした。
最初の何日かでご家族が答えを出してしまうと、もう「不可能」と言う答えしか出ませんので、その辺りが難しいところです。

入所施設ですと、中が見えませんし、通勤などが無いので、かなりご家族は安心してご本人を入所させるのですが、それはどうなのかな?と思う時も在ります。
特に私は入所更生施設に居ましたので、「この方がどうして、ここで一生暮らすことを余儀なくされているんだろうか?」と思うようなことがかなりありました。
勿論入所施設が最適な方も居られますよ。
ご本人の適性によると思うのです。

お母さまのお話と、ご本人の実際の状態は一般的にはかなりずれているものです。
もう、全然お話が違います。
違うのは馴れているので、構わないのですが、それをご家族が理解?された時に、「この子はやはり面倒見が良い施設にします」と言い出されるのが一番困ります。

経営的に困る と言う事が無いとは申しませんが、そうじゃなくて、入所施設とGHと比べて、どちらが本人さんにとって生活の視野が広がるか と言う事です。
入所施設はある意味通過点であり、そこで何かを獲得して、一般の普通の地域生活に移行していくのが自然な在り方だと思うのです。

この方は、今まで在宅で、施設には入った事がありません。
ショートステイの様な事も経験がなく、作業所の旅行だけだそうです。
40年近く ですよ。
その方が、説明なくいきなり訳の分からない宿泊場所につれてこられたのですから、騒動は山の様に起こります。

騒動事態は全然問題ないんです。
騒動が起こらなければ、本人さんは開花していかないからです。
困るのは、その騒動のごくはじめだけを見て、ご家族が「この子には無理」と施設に入れてしまうこと・・・

このご家庭はお母さまお一人、息子さんお一人の母子家庭でして、お母さまは非常に高齢です。
あとがありません。
お母さまにもしもの事があったら、その日からご本人は路頭に迷ってしまいます。
その為に、施設入所を希望されていたのを、市の職員さんが仲介して、当事業所のうちのGHを試してみる事になった と言う事のようです。

実は障害者の方の世界は非常に狭いのです。
うちの今の利用者さん、全員、今回のご本人を知っています。
お母さま同士も知り合いです。
行って見ましたら、今の利用者さんは、昔の知り合いが「遊びに来てくれた」ので、もう大喜びです。
これはとても嬉しい事でした。

ご本人が、昔の友達と一緒に楽しく暮らす実感を持ってくだされば、かなりうまく行くと思います。
その為には我々世話人が頭を使って色々やらなければならない訳でして、このトライアル期間が勝負ですね。

GHは基本的には楽しくみんなで暮らす場所です。
その中で自己実現が出来る場所です。
そういう場所だと言う事は、ご本人には言葉で説明しても分かりません。
実感してもらえれば、落ち着いて暮らしてくれます。
その実感をどう伝えるか がこれからの私たちの課題になります。

トライアル期間で、「楽しかった!」と思ってもらえるように、頑張りたいと思います。

仮称で、ゆったりさん とつけましたが、お名前は変えるかも知れません。
その時は、又書きます。新しいお名前を。
今日、お目にかかった感じでは、ちょっと「ゆったりさん」のイメージじゃないんですね。
もう少しふさわしいお名前を考えてみようと思っています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック