bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



五目ワンタン麺とドラ焼き2個
本日の私の夕食です。
凄い分量ですよね。

今日は仕事始めでした。
ガイドヘルプです。
ご家族に昨日ご希望を伺ったら、「○○公園に散策に」との事でした。
○○公園は、比較的近所の公園でして、この方のサポート時間は7時間。幾らなんでも時間が余ってしまうので、今朝、お伺いした時に、初詣も一緒にいたしましょうか?と提案しました。

快く了解が得られて、午前中は初詣、昼食を食べて公園散策の予定で参りました。

利用者さんは20歳の男性です。
お若いので、運動していただこうと思い、初詣は少し遠い最寄り駅からわざわざ40分歩きました。
神社の最寄り駅は徒歩3分なので、移動はその駅から公園のある最寄り駅まで移動して、昼食を摂りました。

ここまでは順調でした。

そこから公園にお散歩です。
ところが、この公園、馬鹿みたいに広いんですよ。
東京ドームが何個か入りそうなくらいでかいんです。
悪い事に?利用者の方のお目当ては、入り口から一番奥にある子ども広場の遊具でした。
一番奥の子ども広場に遊具があることや、ある程度見慣れた風景になると行き方などが分かる方。

ところが、ここで、支援者たる私は困ったわけです。

遊具は入り口付近に同じものがあります。
一番奥まで行かなくても全く同じ遊具が在るのです。
寸分たがわぬ遊具ですよ。

で、一番奥に行くにしても一般的な近道があるわけなのですが、利用者さんご本人は、いつも自分が利用している一番遠回りな周回道路を使うことしかないんですね。
ショートカットが出来ない。
で、ショートカットをしようとしてみたのですが、「違う」と言えます。
本日の主役は利用者さんですから、利用者さんが「この道は違う」と言う以上は、違うんです。ショートカットしちゃいけません。

なので、3倍、4倍の時間をかけてまっすぐ行かずにぐるっと反対側から円を描くようにして行った訳であります。
この時点で、私はへとへとです。
通常30分あれば付くところを2時間以上掛けて移動したのですから・・・

で、まあ、遊んでいただいて、帰り道。
今度は入り口に向かって歩き出し、私が先導して『中央売店』付近までかなりショートカットでたどり着きました。
売店でジュースを買って一休みして、再び入り口に向かって歩き出した筈が・・・・
私もしょっちゅう来ている公園ではないので、利用者さんがくるっと向きを変えて、先ほど遊んでいた遊具の方向に戻っていっているのに気付きませんでした。
風景はかなりどこも似ている。
自然公園なので・・・・
又、かなり複雑に小道が作ってあるので、分かりにくいんです。

あ!と気付いた時には、遊具の側まで逆戻り~♪
「遊ぶ?」と利用者さんに言われた時には、我ながら笑ってしまいました。
利用者さんは、もっと遊びたいので、当たり前の様に逆戻りして、私は気付かずと言う訳です。

仕方ないので、一番奥の遊具の更に奥にある別の出口から出る事にしました。
その出口からは、最寄り駅には歩けません。
馬鹿みたいに広い公園の一番どん尻の出口ですから、最寄り駅まで行くにはバスに10分乗らないといけないのです。
別の最寄り駅までは歩けるのですが、これが25分掛かります。
その25分かかる最寄り駅から帰るしかありません。

またまた25分歩く・・・・・

で、電車に乗って、ご自宅に「これこれの理由で出口が最寄り駅から一番遠いところになってしまい、最寄り駅でない駅から帰ります。少々遅刻いたします。」と連絡して、ご自宅の最寄り駅までたどり着き・・・

そこからまたまた20分以上歩いてお送りして、今度は私が駅迄戻らねばなりませんので、20分以上掛けて戻り、駅前のラーメン屋さんに墜落しました。

『五目ワンタン麺下さい!』

で、食べました。

疲れきっているので、足が前に出ません。
その駅から私の自宅は歩くしかないんです。
電車で1駅行ったところが私の本当の最寄り駅なんですが、電車に乗っても歩くのは7分くらい。その駅からだと10分くらい。
この3分の為に(この駅からは枝線なので、20分に1本しか電車が在りません。)20分待って、2分電車に乗って、又7分歩いて帰るなら、最寄でない駅から10分歩いた方がまだマシです。

でも、余りに疲れきっているので、そのまま電車道の様には帰れませんでした。
ファストフードでコーヒーを飲んで、物凄い根性で、駅の階段を昇りました。駅の改札口付近にはお菓子屋さんがあるのです。
和菓子屋さんです。
その和菓子屋さんで、『ドラ焼き2個下さい!』とドラ焼きを2個買って、またまた気力で階段を下りて、どうにかこうにか自宅にたどり着きました。

勿論帰宅して真っ先にした事は、風呂に入ることですよ。

これからドラ焼きを平らげる積りです。

効率よく移動したり、行動したりする事にそれ程意味はありません。
特にガイドヘルプは本人さんの満足がどのくらいか、ご家族のご希望とあまりに離れていないか が決め手ですので、私がショートカット出来ずに円周を逆方向からほとんど一週するくらい歩く羽目になったのは、わたしの力不足ではないんですよ。
近道の常識的な道順は、利用者さんには納得できない道順ですから、逆方向からほとんど一周した で、多分正しいんです。

毎日一緒に暮らしているGHの利用者さんと接するのと、たまのお出かけでガイドヘルプに出るのとでは、やはりやり方が違います。
使い分けるようには努力しています。

でもでも。

私はもういいトシなので、泥の様に疲れました・・・
明日は夜勤ですので、今夜はドラ焼きを平らげて、泥の様に寝ようと思います。
体中が筋肉痛・・・・・

20歳の利用者さんは「疲れた」とか言いながら、それでもご自宅まで25分近くかかる道のりをスキップ、駆け足で楽しそうに行かれました。
若いって良いですね。
おっさんは、付いていくのに精一杯・・・・・


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック