bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



正月を過ごして
年末から8日間休みです。明日まで休めます。実は年休を一日しか使っていなくて、6日まで休めば良かった とちょっと後悔しているのですけれど。

年末は少々ですが、大掃除をしました。少し気分に余裕が出来てきたのでしょう。多少ですが、綺麗になりました。
お節は奮発して買いまして、友人と美味しく食べましたよ。
大晦日は友人は「ドラえもんを見る!」とか訳の分からない事を言っていたのですが、家主の勝ちで、紅白歌合戦を見ました。氷川きよしは、いいですね~。
好きです(^^)。

で、正月。
何をしていたか と言うと、珈琲好きの友人と、喫茶店めぐりをしていました。
ここらは田舎ですが、私鉄沿線(と言っても本線ではなくて、枝線です。まあ、郊外の不便な田舎です。)なので、本線上の駅に行けば、田舎のこだわりの喫茶店みたいなのが、数件あります。
2~3軒行きました。
普段はGHでインスタントか、豆でも淹れますが、素人が淹れた普通の珈琲です。
私の自宅はポットが無いので、(やかんはありますよ。)普段は烏龍茶を常備していて、(やかんで沸かすのであります。)珈琲は自宅では飲みません。好きなんですけど、飲むのは怪しいファストフードかファミリーレストランです。
なので、久しぶりに友人に付き合って、喫茶店でまともな珈琲を飲んで美味しかったです。

あとはですね。
友人はインフルエンザなんぞ発症してくれて、全部は見られませんでしたが、箱根駅伝を見ました。
これは毎年恒例ですね。

本日から少しずつ社会復帰の準備中。
何しろ正月休みの為に、あちこちの医者が閉まっています。今日からあちこち開き始めたので、今日明日は通院です。
私はかなり病気のデパートで、日常生活には支障ありませんが、通年性の植物アレルギーと、精神疾患のコントロールがありますから、医者は不可欠です。
年内の薬は確保しましたけど、長期処方してもらっても、正月までは足りず、もうぎりぎりの薬が結構あります。今日は1軒行きまして、ちと面倒になったので、(不便なところですので、車やら、電車やらでかなり移動しないと医者にたどり着けません。何しろ歩けるところにスーパーが無いような土地柄です。日常生活は車が当たり前、一家に何台も車があるようなそういう不便なところなんです。)もう1軒の医者には明日の午前中に行こうかな?と思っています。

明後日は仕事始めでガイドヘルプ。
いきなり初めての方。
どんな方でしょう?
分かりません。
いきなり7時間ヘルプです。
初詣でしょうかね・・・
やっぱり需要としては。
駅からかなり離れたお宅みたいなので、あとでネット検索してお宅を探してお迎えに行きます。楽しんでもらえると良いのですが・・・
初めての方、私ら支援者は馴れていますが、ご本人が緊張しちゃう場合もありますので、どうかなぁ?
私自身余りガイドヘルプは好きではないので、実はちょっとだけ憂鬱。
6日まで休めばよかった とちょっと思うのはそのあたりですかね?




余談


正月、みなさま、雑煮を召し上がりますよね?
あれほど地方色豊かな物は無いと思うんですよ。
どんな雑煮をお召し上がりでしょうか?

私の父方の実家の方は、田舎で貧しいところなので、具は根菜程度しか入りません。人参、大根、里芋、三つ葉です。
母は東京の出身で、いわゆる下町?らしいので、名取と言って、小松菜と鶏肉です。
母は他界したので、もう母の雑煮を食べる事はありませんが、友人が来たので、母が父を立てて元旦に作っていた父方の雑煮を久しぶりに作りました。
父方とは縁が無いので、まあ、もう天涯孤独の身なのですが、母が他界するまでは母だけが家族でしたので、その母が大切にしていた雑煮を作ってみたのです。名取は、関東周辺では最近はかなり普及しているようですけれど。

今日からお仕事始めの方もおいでと思います。特に介護屋は、盆暮れ正月ありませんから、年越しを職場で過ごされた方もおいででしょう。
私も施設時代は非常勤でしたので、駆り出されて良く年越しだの、GWだのを施設で仕事しながら迎えたものです。

介護保険も自立支援法も行き詰まっています。
益々色々な事が逼塞してきますが、利用者の方の生活は持続していきます。法律が何になっても、日常生活は続いていきますし、それを支えるプロの支援者は必ず必要です。
無い中で何が出来るか?が問われる時代になってきているのだろうと思います。

1割負担廃止論も良いのですが、実際に運用していけるのかどうか?
何しろ保険料負担がありませんので、その1割分を何処から出すのやら、私など現場の人間には見当も付きません。

とは言え、仕事は待ってくれませんので、今年も無い無いと言いながら、何とか利用者の方の生活を充実させるべく、頑張ろうと思います。

年を食ってきますと、疲労回復が遅くなりまして、悲しい事です。若い頃は平気だったのになぁ と思います。やり方を若い頃とは変える必要があるのかも知れませんね。
健康には十分注意して、現場に穴を開けないように、利用者に病気を移さないように、今年もぼちぼちやって行こうと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック