bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



新年おめでとうございます。
かなり寒い元旦でしたが、少しずつ寒波も緩んできました。
今年の正月は少々気持ちにも余裕が在り、ごく親しい友人が一緒に過ごそうと言う事で、泊まりに来ていました。おせち料理も少々奮発して買いまして、それなりにのんびりした正月を送っています。

介護屋の休みって、盆暮れ正月、取れないことが多いですから、今年は恵まれています。GH主流なので、盆、暮れ、正月は利用者さんが帰宅することがまだまだ多く、結局このシーズンになるのですが、数年してご家族の意識が変わってきたら、この時期に休むと言う訳には行かなくなってくると思いますけれど・・・

昨夜、地方テレビで徳川吉宗の時代劇を12時間ドラマか何かでやっていました。昼頃からやっていたようです。
昼間は友人と出かけていて、夕方気付き、0時の終了まで見ていました。面白かったです。友人は時代劇、歴史物は余り興味が無いらしいので、薀蓄(うんちくってこんな文字なんですね。)しながら、一緒に見まして、私はかなり満足して(友人が満足だったかどうか は、存じませんが)寝て、今朝です、今朝。

ちと様子がおかしかったんですよ。
友人の。
「寒いな。」とかね。
だるそうな、不健康そうな様子。
ちょっと咳もしている。
昨夜まではなんともなく、熱を測らせたら、36℃。

絶対おかしいです。
昨夜までなんともなくて、今朝、いきなり結構爆裂に調子悪い。
しかも、まだ、熱が上がっていない。

本人は、「インフルエンザの予防注射はしたから、昨夜夜更かしをしただけだ。」と頑張るのですが、そもそも布団から起き上がってきません。(食事は普通に食べたので、そのあと発症したみたいですよ。)

無理やりたたき起こして、休日診療の医者を探して、引きずって行きました。「違う。」「ちょっと風邪。」とかがーがー言っているのですが、こっちはプロです。昨夜とは違う行動見ていればわかります。

はい。

見事に流感でした。
まだ、検査キットでは出ないくらいの発症したて。
私はリレンザで治しましたが、A型には実はタミフルのほうが効くんだそうです。
お医者さんも、私も(本人へろへろになっていて、説明できないんで、しょうがないから、診察室にお邪魔しました。)誰も「インフルエンザ」と言わないのですが、「ああ。間違いないね。」と言う医師の言葉で、タミフルと漢方薬(治り易くする為の補助薬みたいですよ。)を出されて、そのまま、調剤薬局で貰って、速攻で駅迄送って自宅に帰しました。

正月早々面倒なヤツです。
まあ、正月くらいしか会えないヤツなので、しょうがないですけどね。

面白がってはいけませんが、先日私が発症した時もそうでしたけど、30分ごとに熱が上がっていくんですよ。自宅を出るときは36℃、医院について測って36.4℃、30分して「絶対怪しいから!」と言い聞かせてもう一回測らせて貰って36.9℃。
そのまま自宅に帰しましたが、「自宅に帰ったら、多分38℃くらいまで上がるから、何も食べなくて良いんで、水だけ飲んで寝てろ!」と言い聞かせて、帰しました。

折角正月に来てくれたのに残念でしたが、積もる話を色々して、まあ、二人とも飲めないんで、正月っぽいものを食べて、なかなか良い正月だったんですけど、気の毒な事をしました。

といって、ウイルスはどこでも居るんで、友人はかなりハードな職場(技術者です。机の上の仕事ですが、一回始まると終るまで寝る暇も無いような生活が続く人です。)なので、長年の友達(私ですよ。)と馬鹿話なんかしているうちにリラックスして、疲れが出たのでしょう。

運良く友人の仕事始めは7日だそうなので、まあ3日寝込めば抗ウイルス薬があれば治りますので、ぎりぎりセーフでしょう。

「お前のところから救急病院に行くとは思わなかった」とぶつぶつ言いながら、でも、「やっぱりプロだなぁ」とか変な事に感心して帰って行きました。

早く治ると良いんですが。

あとは箱根駅伝を見て、今夜は何をしようかなぁ?と思っています。
通院で、箱根駅伝の大手町のゴールは見損ないました。
「終ってからね」と言う訳にも参りませんので・・・

お正月、みなさまそれぞれに忙しいながら、穏やかなお休みをお過ごしと思います。年末のお疲れが出ませんように、どうか良いお正月をお楽しみ下さい。

私の仕事は6日から。
6日はガイドヘルプです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック